MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 徳島のお寺 > 明王寺
明王寺
みょうおうじ

蜂須賀家の鬼門を守るお寺には布袋さんもおられます

JR徳島駅から徒歩16分の所にある明王寺は、蜂須賀家政がお城の鬼門に位置するこの場所に創建したと伝えられています。
宗派は高野山真言宗で、本尊は一切の悪魔煩悩を降伏させる、頼れる守護神不動明王です。

そして明王寺は徳島七福神霊場第七札所でもあり、布袋尊を祀っています。布袋尊は七福神の中で唯一実在したと言われる神様です。
後に布袋尊になられたのは唐末期のお坊さん「契此(かいし)」。契此には予知能力があり、吉凶を当てたとそうです。背は低く、大きなお腹で坊主頭の契此は、大きな布の袋を担いで施しを受けながら各地を転々としていました。そしてもらった物をぽいぽいと布袋に入れていたことから、布袋さんと呼ばれるようになったのです。
現在の布袋さんは、金運上昇や夫婦円満、子宝や笑顔の絶えない人生にご利益があるとされています。契此時代にはもらった物を入れていた大きな袋から、今では人々に利益を配ってくれるのです。

ちなみにこの袋は不平不満を貯める「堪忍袋」であるという説もあります。布袋さんがいつもニコニコ笑顔を絶やさないのは、堪忍袋に色々詰め込んでいるからかもしれませんね。

明王寺には他にも弘法大師像と地蔵尊があります。
地蔵尊は「しくびわ地蔵」といいますが、これにはこの地で熱心に布教していた尼僧に感心した観音様が「しくびわ」の名を与えたという伝承が残っています。
徳島市中前川町2-21
周辺のオススメ賃貸
周辺地図

交通

  • バス停「助任本町」
  • バス停「吉野本町二丁目」

暮らし

お買い物

医療

自然・文化