MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 空室対策

空室対策

くうしつたいさく

マンションなどの空室対策ポイント

マンションなどの賃貸経営を行っている場合、複数の空室状態が長期間続くと、オーナーの方はご心配もあるかと思います。そのような場合、効果的な空室対策を行えると安心材料になります。空き室対策について、以下に幾つかあげてみます。

まず始めに効果的な対策は、入居する側の視点に立つことになります。意外とぼんやりした話に聞こえるかもしれませんが、ともすればマンション経営というのは、特に時間が経つにつれ、オーナー側の目線が優位になりがちです。こういった物件で空き室が目立ってきた場合は特に、入居する側の視点に立ち返って物件を見てみることが必要です。

これから払い続けていく家賃に見合った、もしくはそれ以上の満足感が感じられる物件であるかどうか、この点が入居者獲得のために必要となる条件でしょう。あわせて、周辺物件との差別化が図れていることも、大事なポイントになります。

また入居してくれた人に、長期に渡って住み続けてもらえる物件であること、こういった努力も空室対策には不可欠な項目でしょう。マンション内の隅々まで綺麗な状態に維持することや、行き届いた管理体制なども、この対策に欠かせないものです。

ここで、マンションの空室状態の一例をあげてみます。

自分がオーナーのマンションが築年数もかなり経過しており、近辺には綺麗な外装のマンションがあると仮定します。この場合、外観的なもので勝負するのは無理がありますね。

ここでたとえば、清掃管理は行き届き完璧な状態、家賃や更新料が相場より割安など、自分の物件ならではのアピールポイントがあれば、入居候補者へ訴えることが可能です。さらに、この点を不動産会社にも知らせることで、新たな入居者獲得へと繋がる可能性があります。

他の空室対策として、設備の入れ替え工事や、大掛かりなリフォームを行う方法も有ります。その際のタイミングについて、時機を想定しながら記してみます。

一般的に、会社や学校などの年度替わりとなる3月あたりは、入居者が出ていくタイミングになります。この3月には、4月から入居したい内見希望者が殺到する可能性があるため、設備の入れ替え工事や大掛かりなリフォームには不向きな時期、となりますね。

工事を実施してしまうと4月入居希望者を多数、取りこぼしてしまう結果になるということです。

一年間を通じての入居希望者の流れを想定すると、賃貸業界としても比較的動きが少なくなるのは、夏の7~8月あたりです。ですので、大掛かりな工事のリフォームをするなら、この時期がおすすめと言えます。

マンションの空室を何とかしたいという場合には、上記の空き室対策のポイントを参考になさってみてください。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 北矢三町 アパート 1LDK 1B 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405