MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > ワンルーム(1R)

ワンルーム(1R)

【 ワンルーム 】

室内にドア等による仕切りが存在しないお部屋のことです

ワンルームとは、室内にドア等による仕切りが存在しないお部屋全般を指す、不動産用語です。1Rと記載される事がある他、Studio(すてゅでぃお)などとも呼ばれています。

具体的な室内の造りは、キッチン、廊下、居室の区切りが無く、1部屋の空間内にすべてが設置されています。このワンルーム、実は間取りを表すというより、空間配置を表しているものでもあります。

たとえば、ドアを開けて部屋を眺めた時、4.5畳のワンルームもあれば、30畳のワンルーム物件もあります。ですが近年、マンション等をはじめとして、構造壁以外のすべての壁面を取り除いた大きな空間の物件が増えてきました。

これは一般的にワンルームではなく、リビングやダイニング、キッチンがこの中に詰め込まれている巨大空間だとされており、0LDK(ぜろえるでぃーけー)などと表されています。ちなみに、この物件に寝室などの居室が1つ加わると、1LDKとなります。

一定の面積以上でなければLDKと表示することはできないため、1Rと0LDK物件を比較すると、少なくとも0LDK物件に関しては大きな面積があることが読み取れます。

この0LDKの場合、部屋として表されるものの中に浴室やトイレは含まれない上、納戸などは文字としては表されない、もしくはS(さーびするーむ)として表されます。もし、この物件に人が歩いて入りこめるタイプの納戸が加わった場合は、0SLDKとなります。

またこれとは別で、不動産広告に1Kと書かれている場合、居室が1つとドアなどで仕切られたキッチンスペースがあることを表します。1間(ひとま)と書かれると、居室はありますがキッチンがあるかどうかは、物件を見て見ないことにはわかりません。

この1Kと1間の不動産広告を確認する際には、バストイレや洗面台、キッチン、洗濯機置き場などがどの程度整備されているかも見てください。またそれらが専有スペースにあるのか、共同利用なのか、といったあたりも確認する必要があります。

通常、1Kと書かれている物件では、バストイレが専有部分に設置されている物件が圧倒的ですが、中にはまれに存在しないものもあります。

同じワンルームや似たタイプの1K、1間、0LDKでも、お部屋の形状や面積によって、使い勝手や印象は異なってきます。

近年、ロボット掃除機が活躍したり、空気の入れ替えやこまめな掃除など、生活様式が急速に変化しました。ワンルームの広々とした空間の物件では、お掃除ロボットも使いやすく、風景が部屋の一部になったような開放感があるとして人気が高まっています。

一方仕切りのないことで、調理時の臭いや冷暖房等の効き具合など、間取りによって違ってきます。この部分は、実際に暮らしてみてわかる部分も多く、居住人数や暮らし方にあわせて、事前にしっかりシミュレート&チエックしておきたい部分です。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 北矢三町 アパート 1LDK 1B 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405