MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 契約 > 一括借り上げ

一括借り上げ

物件持ち主から、一棟等の単位で借りた物件を、入居者に使用させるための契約形態です

賃貸不動産の契約や、借地権上物件の売買や賃貸契約の時に、その契約対象物件について「一括借り上げ」という表現がされている事があります。

これは、今入居者に賃貸契約をさせようとしている不動産管理会社等の貸主と、物件の所有者との間に発生する契約のなかの1つのタイプです。実際の物件所有者からまとめて借りている不動産会社等の貸主が、誰かほかの人に「自らの名前で」使用させる目的で契約を行っている、ということを表します。

入居者と貸主側との契約で見ると、一般の人が言う、また貸しや転貸借というものです。

もともとは、一括借り上げといえば、出来上がったマンションやアパートの一棟丸ごとを、不動産会社やサブリース会社が借りて誰か入居者に貸しだし、その期間の収益や空き室保証などを行うものが一般的でした。ですが現在は、まるごと一棟の中の空き室となった部屋だけをまとめて順番に借りていき、新たな入居者との契約時に、その誰か入居者に貸し出すための会社等と入居者との契約になる、といったタイプの契約も増えてきました。

契約内容にもよりますが、この契約を行うと、物件の所有者であるオーナー、大家さんに対しては、予めその不動産会社やサブリース会社との間で取り決められた年間賃料や月間賃料型での支払いが行われたり、家賃収入からの%による支払いが行われたりします。

空き室が極端に多くても、家賃収入がわずかでも入って来る、といった契約などの金銭的なメリットの他、物件所有者が自らの名前などを直接出したり、自ら物件内の掃除や管理等を行う必要がないといったメリットがあります。

この契約を結んだ物件については、入居者と不動産会社等の貸主との間の契約部分では、契約書自体に物件の所有者の名前が見えないものも多い契約タイプとなっています。

一括借り上げ自体は、入居者自身や入居後の生活には特に影響する内容ではありません。ですが、長くこの物件に居住している間に、所有者の相続や売買等が発生したり、不動産会社と物件所有者との間の契約がなくなったりすることがあります。

どんな物件でもこういった状況の変化はあるため、特に一括借り上げ契約だから大きく異なる、という部分はほぼありません。

また、家具家電付き物件の各家財と賃貸物件関連契約などについても、同様に一括借り上げといった文字がみられることがあります。この場合、建物賃貸に伴い、内部にある家具や家電がまとめて貸し出されるタイプの契約であることを表しています。

建物と家具家電等の取り扱いは、契約書内の条項として書かれるか、特に触れられていない限りは、故意に破損や使用方法を間違ったりしない範囲の通常使用であれば、退去時に大きく使用劣化分などを請求されることはありません。

更新料無料のオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 蔵本元町 アパート 1LDK E1 中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 南矢三町 アパート 2LDK 105 西須賀町 マンション 2LDK 106 蔵本町 マンション 1K 103 南庄町 アパート 1LDK 106 北佐古一番町 マンション 3LDK 505 応神町古川 マンション 1DK 306