MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 契約 > 転貸借

転貸借

賃借契約した借り手が第三者にまた貸しすること

不動産賃貸契約での転貸借(てんたいしゃく)とは、建物等の持ち主から賃借契約した人が、別の第三者にその物件をまた貸しすることです。転貸借自体は、また貸しと呼ばれます。

たとえば学生が借りたアパート物件を、友人に住居として貸し出すなどのケースです。無断で貸し出される場合もあれば、また貸しに際して事前に不動産会社等の承諾を得たり、入居者や使用者として契約書に記載した書面を、不動産会社や建物等のオーナーとの間で取り交わすこともあります。

契約書を見ていただけるとわかるように、一般的に賃貸契約では、契約者である賃借人が借地や借家等の物件を、第三者に貸す(=転貸する)ことは禁止されています。なにか正当な理由や必要があり、第三者に貸さなければならない場合、事前に管理会社や物件オーナーから承諾をもらうことが必要です。

もしも、承諾が無く転貸借がされた場合、基本的には物件オーナーは借りた人との契約を解除でき、その部屋をまた借りしている人には、半年前に通知した後に退去して貰うことができます。

ですが、この物件が承諾を得て転貸借されている宅地建物であれば、また借りしている実際の入居者が入居していたい、と主張しているにも関わらず契約解除することは基本的にできず、入居者は保護されます。この場合、裁判所などが物件オーナーによる承諾と同様の転貸借の許可を与えることがあります。

更新料無料のオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 蔵本元町 アパート 1LDK E3 住吉 マンション 1R 32 南庄町 マンション 2LDK 102 久保マンション 102 昭和町 マンション 1DK 205 住吉 マンション 1R 33 リーエ蔵本 408 北矢三町 アパート 2LDK C102 住吉 マンション 1R 303