MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 契約 > 強制退去

強制退去

過度な契約条項違反の際に行われる強硬手段です

賃貸物件では、複数の居住者が共同で施設を利用しています。また賃貸物件は、家主さんとの契約に基づいて、契約の範囲内で物件を入居者に利用してもらうもので、物件ごとにさまざまな制約があります。

あくまでも、物件所有者からルールに基づいた物件使用を前提に有償で借りている事から、もしも極端な契約条項違反が生じた場合、裁判所への申し立てなどを経て強制的に解約、退去となる事があります。これを、不動産契約や法律関連の分野では、強制退去(きょうせいたいきょ)と呼んでいます。一般的には、立ち退き(たちのき)の一種とも呼ばれています。

例えば、賃料の支払いが数か月にわたり滞っている、ペット不可の物件に許可なくペットを飼育している、届け出ている人物とは異なる人物が居住している、などのケースです。

こういったケースでは、まず大家さんや管理会社から、トラブルの改善について口頭や文書で連絡が繰り返し送られます。その後、期日を定めた賃貸借契約解除の書面が送付されます。それでも自主的な退去や対応が行ってもらえない場合、賃貸借契約を解除され、明け渡し請求訴訟が起こされます。

この裁判で、入居者側の契約条項違反や物件所有者などとの間の信頼関係の破綻が認められれば、訴えを提起した大家さん側が勝訴となり、その後、裁判所執行官が強制退去させるために賃貸物件を訪問します。

同居人がいる場合、訴えを起こされた人とともに全員強制的に退去が課されます。家財道具一式を運び出して倉庫に保管し、空室の状態とすることが求められます。

この強制退去にかかる費用も、滞納がある場合、その滞納分や退去に伴う原状回復費用等は、一時的には貸主である大家さんの負担です。ですがその後、入居者側に請求されるものとなるため、注意が必要です。

文書のやり取りや通常の連絡もなく、突然強制執行を装って、大家さんや管理会社を名乗る人物が近づいてきたら、本人に成りすまして行われるその他の犯罪である可能性があります。慌てず落ち着いて、自力救済の禁止など法的手続きの話を説き、必要があれば管理会社や法律の専門家、警察、警備会社などに連絡しましょう。

また、本人に心当たりのないトラブルの場合、住宅関連保険の契約種類によっては保険会社の窓口や、賃貸借契約の時の24時間サービス企業の窓口が、相談に乗ってくれることもあります。いずれにしても特段の自由がない場合は、強制退去となることはないので、焦らずに管理会社に相談してみるのが良いでしょう。

更新料無料のオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 蔵本町 マンション 1K 103 南庄町 アパート 1LDK 106 北佐古一番町 マンション 3LDK 505 北佐古一番町 マンション 3LDK 306 南矢三町 マンション 1DK 405