MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > 分譲賃貸

分譲賃貸

分譲されたマンションや戸建て等の建物を賃貸している物件のことです

分譲賃貸とは、分譲販売向けに企画建築された物件を賃貸物件として貸し出す場合、物件詳細欄などに表示されることが多い言葉です。

分譲販売された物件を、個人や法人のオーナーが購入しそれを賃貸する形が、かなりの割合を占めます。

マンション物件の分譲賃貸の件数が圧倒的多数ではあるものの、アパートやコーポラティブハウス、ロッジやコテージなどの物件も存在します。また、木造などの建て方で分譲されているタイプの建物まるごとや、その中の1戸室だけなどの、分譲賃貸も存在しています。

もともとマンションでは、戸室ごとに販売される分譲タイプと、戸室ごとに賃貸される賃貸タイプがあります。

賃貸タイプマンションは、できるだけスペース効率を良くし、すべての人に受け入れてもらいやすい個性を消したデザインと、リーズナブルな仕様を狙った設計デザインとするのが基本です。

これに対し分譲タイプマンションは、各戸室のオーナーの個性や使い勝手、インテリアセンスなどを優先させ、細部をさまざまにカスタマイズしています。

オーナーにとっては、「一生に1つの大きな買い物でもあり資産」でもあることから、長い年月廃れることがないよう、建物のクラス感や基本機能を充実させている場合がほとんどです。

もちろん分譲タイプマンションは、マンション物件で必要とされる強度や建て方の建築物の規格を、はるかに上回るものが多くなっています。壁厚などは、外壁、戸境壁とも十分すぎるほどの厚みがとられた物件も多く、設計騒音振動面などに非常に優れています。また、二重天井二重床などを配置することで、騒音と振動の他、遮熱性や居住性にも優れ、空間や床面の形状も、インテリア上使いやすい形となっていることが多いと言われます。

管理人常駐物件や、セキュリティシステムが充実している物件も、分譲タイプで特に豊富です。

分譲マンションは共用部も充実している物件が多く、あらゆる面で上質さを感じさせることから、非常に人気があります。

ですが、徳島エリアの場合、物件数があまりに少ないながら人気が高いため、賃貸不動産としての家賃や管理費などが高い傾向にあります。また賃貸契約時の契約書や規約の他、マンションそのものの管理組合などの規約もあるという部分で、一般の賃貸マンションに比べて、総合的な基準がやや厳しい、と感じられる方が多いようです。

また分譲賃貸の場合、投資目的ではない賃貸運用の場合もあります。たとえば自らが入居していた物件オーナーが、転勤などの関係で、数年だけ期間を定めて貸し出したいというケースなどです。

こういったケースでは、賃貸契約の更新が行えないため、事前によく理解しておく必要があります。

また分譲賃貸によく似た言葉に、分譲タイプ賃貸という言葉があります。これは、分譲賃貸の意味で使われることがある他、最初から賃貸住宅として使う目的で、分譲住宅と同じような贅沢な規格や設計をもとに作られたもののことです。

徳島では、分譲賃貸の数自体はあまり多くないものの、大家さんが非常にこだわりをもって建てた特優賃物件などに、こういった分譲タイプ賃貸物件等が存在します。また徳島には、都心で人気の低層分譲タイプ賃貸マンション等が非常に豊富です。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105