MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > 天井裏収納

天井裏収納

居室や廊下などの天井裏に設けられた、収納スペースのことです

天井裏収納とは、居室や廊下などの天井裏に設けられた、収納スペースのことです。通常は湿度があまり入り込まない廊下や階段室、寝室などに格納型はしごや折り畳み式階段などを設置し、そこから出入りするように設計されます。

人が立って入れるほどの高さのものや、人が辛うじてのぞき込める程度の高さのもの、また階段などを上った先に引き出し型の作り付け家具があり、その中に収納物を入れるタイプなどが存在します。

スペースをたっぷり取れるため、最上階に設置することが多く、構造上も設計が柔軟に行える戸建て住宅や、アパート建築で広く見られてきました。

最近は、マンション物件でもメゾネットロフト形式の物も増え、また階上との騒音防止や天井含めたフルフラット設計のために、各フロア間を広くとる物件も増えています。そのため、マンションでも天井裏収納や床下収納の設備が設置されることが増えました。

天井裏収納は、空間が部屋サイズを超えて広々としているものの、居室のドア部に比較して出入の方法が多少複雑ということもあり、スキーやカーペットなど、季節によって使用しない長尺ものを収納するのに便利です。

近年は特に、集合住宅物件でも、分譲賃貸ともにインテリアの要となる収納力自慢、すっきりとした見た目の物件が増えています。物を見えるところにできるだけ出さない演出の為には、こういった大型収納スペースはチェックしておくべきポイントかもしれません。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105