MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 耐震等級

耐震等級

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づいた、地震時の倒壊や損傷のしづらさを表した等級です

よく不動産情報を見ていると「新耐震基準/旧耐震基準」といった表示の他、「耐震等級(たいしんとうきゅう)」といった言葉が目に入ります。

これは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(=品確法)に基づいた、地震時の倒壊や損傷のしづらさを表した3つの等級のことを表しています。

建築工法としてのマンション造は、その多くが倒壊などの被害がない「耐震等級1(=新耐震基準を最低限度満たすクラス)」に該当しています。具体的には、「数百年に一度程度発生する地震に対して倒壊、崩壊等しない、数十年に一度程度発生する地震に対して損傷しない」ことを表し、建築に際してはこの等級を満たすよう定められています。

等級2と等級3はそれより強固で丈夫であり、それぞれ等級1に比較して、等級2では1.25倍、等級3では1.5倍の地震がきても耐えられるというものです。かなり丈夫ですが、戸建てやアパート物件でも、この耐震等級2や3の表示がある物件も増えてきました。

四国ではたびたび、まだ発生したことのない高知沖の南海トラフ地震に対する対策やニュースなどを目にすることもあります。とくにファミリー向け物件などでは、じっくり腰を落ち着けて暮らしたいという方も多いもの。

家族みんなでいつでも帰ってこられる家、長く安心して暮らせる家さがしのポイントとして、耐震等級はチェックすべき項目かもしれません。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
住吉 マンション 1R 32 久保マンション 102 昭和町 マンション 1DK 205 住吉 マンション 1R 33 リーエ蔵本 408 北矢三町 アパート 2LDK C102 住吉 マンション 1R 303 中常三島町 マンション 1DK 403 八万町法花 アパート 1LDK 201 リーエ蔵本 301