MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > DK(ダイニングキッチン)

DK(ダイニングキッチン)

【 ダイニングキッチン 】

ダイニングキッチン、食堂と台所が一体化した部屋です

白で統一された明るいDK
白で統一された明るいDK

DKとは、ダイニングキッチンの意味で、キッチン(台所)の水周り設備に隣接して、食卓用のダイニングテーブルや椅子を設置できるほどの広いスペースがある事を表しています。1部屋の中に、食堂と台所が入っているイメージです。

たとえば、お部屋探しの広告に2DKと記載されている場合、ダイニングキッチン1部屋の他、2つの居室があるという意味です。居室とは、風呂場やトイレ、廊下、納戸といったスペースを除いた部屋のことを表します。

ダイニングキッチンがあるお部屋は、家族全員がひろびろとしたDKに集まりやすい間取りとなっていることが多い傾向です。台所や家事仕事の時に、小さな子供を見ながら作業したいというファミリー世帯やカップル、ルームシェアなどにも向いた間取りです。

LDKはダイニングキッチンのほか、リビングまでが一体となった広々とした1部屋がある物件で、Kはキッチンがある物件を表します。

DKはLDKとくらべて、設計的にはDK部分だけで1部屋となります。さまざまなデザインの道具がみられる台所と分離することで、リビングは比較的すっきりと生活感なく見せることもできます。そのため、おしゃれな一人暮らし物件としても、人気となっています。

リビングやダイニングなどの呼び分けには、日常的には厳密な定義がないものの、不動産広告に表示する際には広さの規定が設けられています。

居室の数が1部屋の物件の場合DKは4.5畳、LDKは8畳以上の広さが必要となっています。居室の数が2部屋以上の物件の場合、DKは6畳以上、LDKは10畳以上なければ、DKやLDKとしては表示できません。(不動産の表示に関する公正競争規約)

これを当てはめると、たとえば2Kといえば居室が2部屋と6畳にみたないキッチン1部屋があるということです。1DKといえば、居室が1部屋と4.5畳以上のダイニングキッチンがあるということ、2DKでは居室が2部屋と6畳以上のダイニングキッチンがあるということ、1LDKといえば居室が1部屋と8畳以上のLDKがあるという意味です。

ですがこの、DKとLDK表示については、まだ業界内でも明確ではない部分もあります。本来はキッチンや食堂が1部屋に合体した場合に表示する「DK」と「LDK」ですが、ダイニングとキッチン、リビングのうちいずれかが独立した部屋になっていても、L+DKやLD+KではなくLDKといった表示のこともあります。

それぞれのご家庭の暮らし方やインテリアセンスによっても、ダイニングやキッチンの使い勝手は大きく異なります。

お部屋探しの際には、事前にしっかりと間取り図や現地映像を確認しましょう。

カウンターキッチンのオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 上助任町 マンション 2LDK 203 南佐古八番町 マンション 1R 306 山城西 マンション 1R 303 山城西 マンション 1R 203 シャーメゾンアポロ 203 シャーメゾン南沖洲B 103 佐古六番町 アパート 3LDK E-1 ベレオ蔵本元町 202 BEREO Comfort Kitashimada B棟 B101