MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > マンスリーマンション

マンスリーマンション

月単位で契約出来る、賃貸集合住宅物件の契約方法です

ビジネス拠点にも最適です
ビジネス拠点にも最適です

マンスリーマンションとは、月単位で契約して利用する事が出来る、賃貸集合住宅物件の契約方法です。ホテルや賃貸マンション、マンスリーやウィークリー利用向け物件として初めから設計建築された物件もあれば、一般の賃貸住宅や分譲住宅として建築、運用されている物件のものなど、それぞれ存在しています。

ビジネスホテルなどに比較して室内が広く、またミニキッチンやお風呂、トイレなどの設備や、家具家電類、食器などを含め、さまざまな設備や居住用アイテムをすでに備えている物件が多くなっています。物件によっては、これらの家具などの有無を選んで利用することができるタイプの、マンスリーマンションも存在します。

物件にもよりますが、安いところではビジネスホテルよりもはるかに安く長期間滞在が出来るので、出張や遠方へ受験や就職活動に向かう場合などに便利に利用できます。また、今後の進学先や移住先等を探すにあたり、お試しで一人暮らしを経験してみたいという場合にも好評です。建て替え期間の仮住まいとしての利用や、長期入院者の付き添いといった方の利用でも、便利に使われています。

通常の2年契約の賃貸物件に比べると、イニシャルコストが安いことが多く、物件によっては2年以上居住しても通常の賃貸物件より安いこともあります。

一般の賃貸住宅物件に比較して、周り近所との人付き合いや町内会活動などが無いという点は、地域ボランティアや農作業等のノルマが多いエリアに比較すると、かなり過ごしやすいかもしれません。

お部屋探し時には、マンスリーマンション会社の物件情報ページを探すほか、一部不動産ポータルなどでも空き室状況等が確認できます。

契約時は、本人確認の出来る免許証や企業の在籍証明等の他、保証人や連絡先が必要である物件がほとんどです。また、通常は期間の定めのある契約となり、使用期間を延長する際には事前に申し込みが必要となります。

ですが中には、入居している人から優先的に利用期間を延長することができるタイプの物件もあります。

注意したいのは契約期間や支払い期日です。物件によっては、初月は日単位ではなく月単位、最終月も月単位といった物件もあります。

また支払い方法では、全額カード払いや、保証金等を含めた家賃を入居前に全額、その期間分支払うといった契約形態のところもあります。そのため、1月当たりの利用料としては通常賃貸物件の家賃などに比較して安価ながら、一時的な支払金額ではかなり負担が大きいといったこともあります。

物件によって、住民票上の住所を置いて利用できるところもあれば、住所を置けない物件もあります。ですが郵便物の転送等の手続きは取れます。住所が置けるかどうかの判断は、マンスリーマンションの運営企業による場合と、地方自治体等の判断による場合があります。

子供の通学等で、転入手続きなどを伴う際には、一時利用のマンスリーマンションではなく別の住所地が必要となるケースもある点などは注意が必要です。特段の理由がある場合、地方自治体の住民課などの窓口に相談してみましょう。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
南矢三町 マンション 2LDK 202 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 昭和町 マンション 1DK 205 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405