MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 契約 > 家賃保証会社

家賃保証会社

借主が家賃を支払えない場合等、貸主に対して代わりに支払ってくれる会社です

一昔前までは、住居を借りるとなると、勤務先の会社や、親戚内で十分すぎる収入のある人を、連帯保証人として立てなければならないものでした。

ですが特に後ろめたいことが無くても、万が一の様々なケースを考えると、その大きな負担からなかなか頼みにくいものがありました。

連帯保証人の場合、契約者がその賃貸物件での家賃滞納や損害が生じる事態を起こしたといったことが無ければ、契約書に署名等をしていても負担が生じる事はありません。ですが、該当する親類などを見渡しても高齢で収入などが無い、そもそも核家族化で親戚が居ないので依頼出来ない、といったケースもあります。

こういった流れもあり、現在、賃貸物件の契約では、家賃保証会社と呼ばれる万が一の際に、家賃等を立て替えてくれるサービス会社と入居者が契約し、入居審査を受けるスタイルが増えています。

入居者はこの家賃保証会社を利用すると、不動産の賃貸契約の際、連帯保証人を立てる必要がなくなります。家賃保証会社は、保証会社や賃貸保証会社とも呼ばれています。

この家賃保証会社は、物件大家さんや不動産管理会社、契約を行う不動産会社等が指定している企業の中から選ぶものがほとんどです。通常は、1つのお部屋に対して1つだけでなく、いくつか契約先の候補がリストアップされています。

特別高級といったものではなく、相場を大きく超えない程度の住宅の家賃範囲であれば、通常はこの中の1社だけと契約します。

保証会社が入居者と大家さんに提供するサービス内容は様々で、家賃や事故時の金銭的な補償の他、メンテナンスや駆けつけサービス、物件に空き室がある時の大家さんへの家賃補償、空き室の住宅以外での利活用などさまざまです。入居時死亡等に伴い、退去時に多数の家財などが残っている物件に対しての処分やクリーニング、リフォームなども含めた、幅広いサービスを行ってくれるところもあります。

物件によっては、連帯保証人を立てるか、保証会社と契約するかのどちらかが選べたり、保証会社のプランの中からどの保証タイプやサービスタイプまでを契約するかを選べたりするところもあります。

こういった万が一の際のカバーできる範囲や金額によっても、入居者が保証会社に支払う金額の大小に多少影響をうけます。

物件や申込者、保証会社自体のさまざまな条件にもよりますが、入居者は保証会社に対して、家賃の1-3か月分程度までの金額を契約時に支払っておきます。通常は、個人名義での銀行振り込み等での支払いです。あとは、毎年継続のために数万円程度を支払うことで、この保証契約が継続されます。

不動産会社との契約でも、保証会社との契約でも、親族や知人、勤務先等の連絡先などが必要な物件が多いほか、中には、保証会社を利用したうえで連帯保証人が必要といった物件などもあります。

入居希望者が保証会社との契約を行う際には、親族などの連絡先は必要です。また、不動産会社との契約では連帯保証人は不要なものの、入居者と保証会社との契約では連帯保証人も必要というところもあります。

大家さんにとっては、自分の信頼している保証会社と契約してくれていれば、家賃収入が得られないことはありません。入居希望者が保証会社と契約してくれる方が安定した収入が確保できるため、保証会社の審査に通り契約してくれる人であれば、物件の入居審査にも通りやすくなります。

また物件によっては、必ず指定の保証会社と契約しなければ、入居できないというところもあります。

物件詳細で「保証会社必須」と書かれているものについては、必ず契約するものと覚えておきましょう。

入居者にとっては、もし病気や倒産退職などによる影響で、何カ月分まで家賃が支払えなくても大丈夫か、という点が気になるところですね。

契約内容にもよりますが、通常3カ月程度なら、家賃支払いを保証会社が立て替えてくれます。入院時に備えた保険や収入補償保険などに入っており、最速の手続きさえ取れれば、保険金が支払われる期間に間に合います。

ですが、後ほどこの分を支払う時には利息も必要で、通常はカードローン程度の利息が目安と覚えておきましょう。

家賃保証会社を通じた契約の場合、不動産賃貸契約の中で、毎月の家賃を誰がいつまでにどこに支払うか、が明記されているものがほとんどです。

保証会社にお金を払うのは、保証契約部分と保証更新時のみ、普段の家賃は大家さんか不動産管理会社に支払うケースもあれば、毎月の家賃や保証契約のすべてを保証会社を窓口として支払うようになっている契約もあります。

物件などによって異なりますので、契約書をよく確認してみましょう。

保証会社を利用したときの信用情報は、住宅ローンや金融機関のローンを組む時とほぼ同じです。

会社を経営していて連帯保証人として金銭を支払うことになった結果、急に保証会社の審査などに通らなくなったという場合には、あえて保証会社が不要な物件を探すという方法もあります。

また、居住して長い物件や、企業等での勤続年数が長く安定した大手企業勤務、収入等の推移や現在の預貯金額、クレジットカードの利用状況、連帯保証人やその他の理由で背負っている金銭債務等の内容によっては、入居審査と保証金等の預け入れなどだけで、保証会社を通さずに入居できる物件もあります。

ちなみにUR物件などでは、独自の条件を満たしていれば、数カ月分の家賃などを前払いすることで入居も可能です。こういった物件をお探しの場合こそ、不動産ポータルよりはそれぞれのエリアに密着した不動産会社に相談するのがおすすめです。

徳島エリアで育ち、そして自らも徳島で今、お部屋探しを通じて社会とつながっているハウスマイルなら、さまざまな物件を幅広く取り扱っております。どうぞお気軽に、ご相談くださいませ。

更新料無料のオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 蔵本元町 アパート 1LDK E1 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 蔵本町 マンション 1K 103 南庄町 アパート 1LDK 106 北佐古一番町 マンション 3LDK 505 北佐古一番町 マンション 3LDK 306