賃貸物件検索 徳島のエリアで探す 地図から賃貸を探す スポットから探す ハウスマイル徳島店へのアクセス 会社概要
サイトメニュー ハウスマイルlogo

畳(単位)

部屋の広さを示す単位として使われます

賃貸物件の間取り図を確認する時に、居室部分の広さが㎡数で記載されている事があります。
しかし日ごろこの単位に馴染みがない場合、実際の広さを想像する事が難しく感じるでしょう。
日本ではまだまだ畳数での表記の方が馴染みがあるでしょう。㎡数で記載がある場合は、この数値を3.3で割り算をすると畳数での表記に換算する事が出来ます。
この割り算の値が6であれば部屋の広さは6畳ほどという意味です。

具体的には・・・
畳一枚の大きさは一畳といいます。
広さの単位として使われる場合、京間、中京間江戸間団地間など、地域によってその大きさに違いがありますので注意が必要です。
例えば京間は6尺3寸×3尺1寸5分、江戸間・田舎間は6尺×3尺(いずれも内法)を単位にして畳数で表示されます。(1尺=0.30303m=10寸=100分)

このような違いがあることなどから、不動産広告における面積の表示はメートル法によるものを原則とし、居室等の広さを畳数で示す場合には、各部屋の壁心面積を畳数で割った値が1.62平方メートル以上となるようにしなければならないとされています。

賃貸物件の間取り図を確認する時に、居室部分の広さが㎡数で記載されている事があります。
しかし日ごろこの単位に馴染みがない場合、実際の広さを想像する事が難しく感じるでしょう。
日本ではまだまだ畳数での表記の方が馴染みがあるでしょう。㎡数で記載がある場合は、この数値を3.3で割り算をすると畳数での表記に換算する事が出来ます。
この割り算の値が6であれば部屋の広さは6畳ほどという意味です。