MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > プロパティマネジメント

プロパティマネジメント

ぷろぱてぃまねじめんと

プロパティマネジメントについて詳しく解説

不動産における運用・管理を進めていく業務を総称して、プロパティマネジメントと呼びます。対象となる不動産の価値をマックスまで高めるために、不動産のエキスパートがオーナーの代行として土地の運用・管理を進めていきます。

プロパティマネジメントの具体的な項目をあげると、テナントの募集業務、テナントの管理業務、請求・出納業務、ビルマネジメント業務、の4項目になります。

まず1つ目のテナントの募集業務では、リーシングマネジメントによって、テナントなどの誘致を進めていくことになります。マーケット調査やポジショニング、テナントの募集に至るまで、施設やビル内での空室対策もカバーしてくれるため、非常に大事な業務だといえます。

次にあげる項目は、テナントの管理業務です。これは例えば、大型商業施設などの場合、誘致されたテナントの皆さんが気持ちよく営業できるよう環境整備を進めることも、プロパティマネジメントの役割に含まれます。

他にも、請求・出納業務、ビルマネジメント業務を含む、これらの業務を効果的に担っていくことにより、不動産収益を確実にあげていくことが目的になっています。

ここでひとつ、職業としてプロパティマネジメントを目指している方のために補足させていただくと、この仕事をするために必須とされる資格は特にありません。やりたいという意志があれば、どなたでも挑戦できるお仕事です。

ただ業務内容の性質上、リーシングマネジメントが絡んでくるので、現実的には、宅建免許などを持っていることがスムーズな仕事への必要な条件、と言えるかもしれません。

不動産の斡旋・仲介業務が付随してくるため、宅建免許以外にも、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者など不動産に関わる資格を取得しておくと、信頼度がアップするでしょう。言い換えれば、それほど不動産に対する高度な能力が求められるということです。

プロパティマネジメントとは、不動産のエキスパートがオーナーの代行として、資産価値を最大限までアップするため、ビルや建物などに関連する全業務を担う役割を果たしてくれると言えます。不動産の活用方法が様々に多様化している現代にあって、プロパティマネジメントの価値も高まっていると言えます。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 北矢三町 アパート 1LDK 1B 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405