MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > リーシング

リーシング

りーしんぐ

不動産経営におけるリーシングについて

リーシング、という言葉を耳にされたことはありますでしょうか?リーシングは、不動産に関するテナントや客付けを進めるための、賃貸支援業務の一環です。

以下に、具体的な業務項目をあげてみます。

まず1つ目の業務項目は、リサーチです。これは非常に大事な業務のひとつで、同類のテナントの偏りを避けるために、現状の入居テナントの他、商圏全域のテナント・お店のリストアップも行います。

次にあげるのは、経営戦略の立案・検討になります。この時点では、不動産オーナー様のコンセプトを聞き取りした上で、ターゲットの絞り込みやテナントのリスト化も実施され、立地条件や市場ニーズに合ったものをリストアップをしていきます。

次の業務項目として、具体的な計画の決定という手順があります。先ほどお伝えしたオーナーのコンセプトから逸脱しない、テナントミックス計画を決定へと進めていきます。

このタイミングで、テナントの配置場所なども決める場合が多いでしょう。

以上の手順まで完了したあと、候補で上がったテナントへの営業をスタートすることになります。対象となる大型施設への、テナントとしての誘致・交渉になってきますが、条件としてどれくらい譲歩ができるのか、事前にオーナーとしっかりと相談も必要でしょう。

前段の過程をすべてクリアして、条件面でも問題なければ、テナントとして契約確定ということになります。開店に必要となる内装工事など、開店に向けて様々なサポートまで行う、という流れになっております。

ここで、リーシングを導入する際のメリットについてご紹介します。

たとえば、近隣に大型商業施設があるとして、その中のテナントがいくつも空き店舗になっている場合、その施設へ足が向かなくなる利用者が出てくる可能性があります。

商業用の不動産においては、空き店舗を作らないことが必要最低限の条件となり、それが施設全体のイメージアップにもつながるわけです。施設をいつも活気のある状態にするには、利用者のニーズに合ったテナント誘致が必須ということです。そのためにリーシングが有益な役割を果たしている、と言えるでしょう。

以上、リーシングについてご説明いたしました。

オーナーのコンセプトから逸脱しないで、なおかつ利用者のニーズにも答えられる、そういうテナント誘致を実現するためにも、リーシングをご活用ください。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 北矢三町 アパート 1LDK 1B 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405