MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 家電レンタル

家電レンタル

日常生活に必要な家電を、数日から数年単位でレンタル利用できるサービスのことです

新生活のスタートには、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、テレビ、掃除機、コンロなどをはじめ、世帯の人数に応じた家電をそろえる必要があります。

まとめて購入した場合、小さな容量のものを中心としたところで、新品でも数十万円、中古品中心でも十数万円もの費用が、引っ越しに前後してかかってしまいます。さらに転居に伴って、引っ越し荷物が家に収まりきらないといった理由で、新たな家電製品を購入する必要があることも有ります。

新生活の出費では、引っ越しやインテリアの事ばかり考えていて、家電については計算外だったという声も非常によく聞かれます。

また更にその後、転勤や卒業などで家族と同居となったり、あるいは寮生活で家電が不要となったりしてしまえば、この家電まるごとが不要になってしまいます。

家電製品は室内でも容積を取るものも多く、倉庫やレンタルスペースに預ける時の費用はバカになりません。また、古くなってしまえば機能的にも使い勝手が悪くなるほか、保存状態によっては故障やショートの原因にもなることが有ります。

こんなときに便利なのが、数日から数年単位で、さまざまな家電をレンタルできる、家電レンタルサービスです。

不動産契約に伴って、家電レンタルや家電リースがセットになっている賃貸住宅物件やマンスリーマンション等の物件が、昔から数多く利用されています。

また数日や数か月、年単位などで必要な分だけ必要な家電のレンタルやリースを契約して、家電を借りることができるサービスもあります。近年は、サブスクリプションタイプの家電レンタル契約もあり、契約期間であれば利用ポイントの範囲や同じ種類の家電の中から、さまざまな機種を入れ替えて利用できるといったものも各社から豊富にリリースされています。

不動産契約に伴ってセットになっている物であれば、一般的なレンタルやリースで個別に借りるよりも安い料金設定の物が多い代わりに、入居期間に応じて解約可能な期間などに制限がある場合もあります。

ほとんど家にいることが無いため、家電を使うのは1月のうち数日という方には、日単位レンタルでも様々なサービスがこの数年増えてきています。かつては、工事現場の事務所や単身赴任者住宅など、利用期間がわからないといった法人向けを想定したシステムが多く、個人で使うには費用負担が多いといったことがネックになっていました。

最近流行しているのは、実際に家電を購入する前のお試しとしても使える、有名ブランド家電のハイエンドモデルを数日単位から借りられるというものです。

通常レンタルサービスではほとんどの場合、中古品中心のことが多く、新品レンタルでは割高となる事があります。またリースでは、新品を選んでそれに対してリース契約を行うほか、中には中古リースをメインとして行っているところもあります。

レンタル業者やリース業者によっては、一定の利用期間や条件の下で、利用者が家電製品を買い取ることができるとしているところもあります。

またレンタルやリースでは、通常、契約期間が終われば、家電製品を返却するため、リサイクル料や引っ越し時の運送料などの負担が少なくて済むといったメリットがあります。

故障や不調があった場合の取り扱いについては、契約内容によって大きく異なります。連絡するだけで代替品や後継機種がすぐ届き、開梱設置まで行ってくれるといったタイプでは、契約時や月次の利用料が高額になります。

家電レンタルなどを行っている会社では、家具などもまとめてレンタルができるところも多く、家具家電で業者側がピックアップしたセットなら、自分で選んだものよりお得な料金で利用できるところが一般的です。

通常、家電や家具のレンタルやリース等については、契約当初に保証金や預け金を入れるところが多いものの、不要なタイプの契約も多くなっています。

利用料等について月々払いとした場合、引っ越しに伴う初期費用として出費する分との調整もスムーズに行えて便利です。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208 中吉野町 マンション 1DK 405 山城西 マンション 1R 303