MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > キャットウォーク

キャットウォーク

各世帯内外で、飼い猫が自由に移動出来る設備です

キャットウォークとは、ペット可物件に人気の設備で、居室内やベランダ、玄関スペースなどに設けられている猫専用通路です。飼い猫が自由に運動をしたり、高所で過ごすことができるように、扉や棚が作りつけられている設備です。

もともと建築業界では、体育館などの壁面のかなり高い位置にある細い通路がキャットウォークと呼ばれていました。この部分は、施設管理者などが窓や天井の設備管理をするといった時の保守作業用のもので、「人が通るのに十分な広さが無く猫が通る程度のもの」という位置づけだったことに由来しています。

その後、キャットウォークではなく作業用ゴンドラなどが安全性等の面から広く普及し、徐々に新造大型建築物からは姿を消しつつあります。

現代の一般住宅向けでは、これとは別で、猫専用の住宅設備をキャットウォークと呼んでいます。

猫が好きな窓サッシの上や欄間の近くに専用の棚を設けたり、吹き抜けや廊下などの高い位置に設けられた通路、各部屋の足元などにある専用扉とそこからつながるスペースなどが有ります。猫専用動線をもち、室内外のいろいろな高さに設置されたさまざまな通路が、キャットウォークに該当します。

屋内だけではなく、ベランダやサンルームなど屋外にもつながったキャットウォーク物件も存在します。

とくに高い位置に付けられたキャットウォークはキャットタワーの代用にもなり、家に閉じこもりがちな猫たちにとっては野生の運動能力を維持しやすくなります。また、人間とは目線が合わない位置に設置されることが多いため、猫のマイペースすぎる性格を最大限に尊重しつつ、人間と猫がそれぞれ快適に暮らせます。

一般的には入居後に後付けで設置することは難しいため、完備されている物件が人気です。中には、キャットツリー代わりの壁面ステップなどが宅内各所に設置されるなど、多頭飼いでもゆとりのある物件も存在します。

また、キャットウォークの一部設備は、リスやフクロウなどに併用できることもあり、小動物と暮らす皆さんにとっても、憧れの存在です。

徳島にも多数のキャットウォーク付きの戸建て、マンションアパートなどが多数存在しています。キャットウォーク付きだから猫だけOKという物件から、その他動物も相談をといった物件も存在しています。

ですが、ペットブームもあり、常に物件空き室はお待ちいただく状態です。猫との生活を、快適に、さらに充実させたいとお考えなら、まずはハウスマイルにご相談ください!

引越し時期には余裕をもって、ぜひご相談ください。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105