MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > バランス釜

バランス釜

通常は浴室内部に設置されている、バスタブ直結型給湯器のことです

バランス釜とは、浴室内部で浴槽のすぐ隣に設置されることも多い、四角い箱型のバスタブ直結型給湯器の一種の事です。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下にという自然のしくみを使って、屋外にある通風孔の上から排気、下から給気することで、燃焼用空気を取り入れながら運転するものです。

もともと、ガスを燃料とした自然給排気システムの浴槽用給湯設備がバランス釜で、公団住宅やさまざまな官舎や宿舎、団地物件などを中心に広く普及しました。シャワーや蛇口のついているタイプと、そうではないタイプがあり、後者は年々数が少なくなっています。

特長として、システムバス同様の追い炊き機能が殆どの機種にある他、一部の機種では、浴槽お湯を無駄にせずシャワー等として使えるものなども有ります。

バランス釜の場合、上水道から直接給水してシャワーや蛇口からお湯を出す時には、瞬間湯沸かし器同様、必要最低限の量だけを加熱します。浴槽内のお湯を加温する時にも、浴槽内にあるお湯の中でとくに冷めた部分から取水し追い炊き加温するスタイルなので、エネルギーが無駄になりにくいと言った特長もあります。

また、電気を一切使用せずガスだけを使用するため、停電時にもお風呂やお湯が使えることも利点です。ボイラーなどとは異なり、風呂専用で、台所などと独立してお湯が使えることや、比較的家賃が安い物件が多いことなどが特徴にあります。

そのため、とくに光熱費などの固定費が気になるご家族を中心として、トータルで考えてボイラーや温水器だけしかない浴室システムよりも、バランス釜の物件を希望するという方も数多くいらっしゃいます。

バランス釜は、各メーカー、各機種、機種ごとの開発年代によってかなり機能が分かれており、水道から直接給水する系統が付いているタイプかどうか、によっても機能が異なります。

基本的には、浴室内、浴槽のすぐ脇に浴槽とほぼ同じ高さと奥行きの四角い箱型のガス器具を取り付ける物です。その正面についている、ガスの元栓や点火用ハンドル、給水切り替えレバーなどを使って、点火して使用します。

浴槽側にも二つの穴が開いており、上はお湯の吐水口、下は浴槽内で比較的温度の低い水の給水口です。これも前述の、給排気同様の自然のしくみによって、水が同じようにしたから上へと流れます。

シャワーや蛇口の付いていないタイプや、説明書に「浴槽に水を張ってから点火するように」とある機種については、上の穴の上部10cm前後上まで水を張り、バスタブの蓋をした後にガスの元栓を開いて着火します。通常このタイプは、バランス釜内部に上水道が接続されていないタイプです。

シャワーや蛇口の付いているタイプでは、浴槽に水を張ってから着火するタイプと、何も入っていない浴槽にバランス釜の蛇口からお湯を直接注ぎこめるタイプがあります。

メーカーや機種によって異なりますので、説明書をよく確認しましょう。このタイプは、上水道が接続されているタイプと、接続されていないため浴槽内から水を取り入れてシャワーなどとして使うタイプがあります。ですが後者は、既にかなり数が減っています。

お風呂を使用し終えた後は、ガスの元栓を閉めることで消火できます。

バスタブにお湯を沸かす機能では、一定時間や一定温度に到達したら自動的に消火してくれるものもあります。ですが中には、この機能がついていなかったり、ついていてもうまく働かなくなったりしていることがあります。

もし自動消火が働かず、長時間沸かし続けてしまうと、樹脂製のバスタブではバスタブ自体が変形してしまったり、焼け付などが発生してしまうこともあります。また、水がなくなったまま長時間運転されていると、不完全燃焼で建物内部に一酸化炭素が回ってしまうこともあります。

最近は、全国各地でマイコンガスメーターが普及し、同じガスの使用量のまま一定時間が経過すると、自動的にガスの各世帯引込部分から元栓を閉めて遮断してくれるという物もあります。ですが通常の設定時間は、風呂釜の場合では約260分ほどあるため、あくまでも補助的なものと考えておく方が良いでしょう。

バランス釜について、どんな機能が搭載されているのかを、型番などから確認しておくようにしましょう。

デメリットとしては、お風呂場の中で比較的スペースを占拠してしまうことや、シャワーなどの湯量面ではあまり勢いがないことが挙がります。

また、本体に派手に水をかけてしまうと暫くの間、火が着かないことや、年数が経ったものでは燃焼部確認用の炎の窓部分が見えにくく、十分に着火燃焼しているかや故障があるか、などが判別できにくいことも挙がります。

更に、金属腐蝕につながりやすい硫黄を含んだ入浴剤や、炭酸ガスを発生させる入浴剤、お湯が濁るタイプの入浴剤は、各メーカーで使用できないとされています。塩が非常に多い入浴剤などの使用時には、浴槽側の配管をしっかりホースなどで十分に洗い流す必要があるそうです。

そのほか、お風呂場同様、カビが内部まで発生しやすいことなどがあり、時機を見てメンテナンスが求められます。特にカビがバランス釜の本体下まで回り込んでいる場合、カビ取り剤を使った後十分に洗い流さないままだと、金属部分の劣化の原因にもなりかねません。また不完全燃焼の場合や、ガスの元栓がうっかり開いたままの場合、宅内全体にガスがあふれて具合が悪くなったりといった事故も考えられなくはありません。

日頃のお手入れ、お風呂場を利用する都度の清掃については、浴槽部分やお風呂場部分はバスタブなどのメーカー指示に従った洗剤を用いて洗い上げ、洗い流すだけです。

ですがそれとは別に、一定の期間ごとに追加しなければならないお手入れがあります。

追い炊き時に、浴槽内のお湯を取り込んで沸かし直す構造上、人の皮膚から出た皮脂汚れやタンパク質が管内にたまって水の汚れやニオイ、雑菌の繁殖や加温機能の低下などが発生することがあります。

入浴用の水の節約として水を継ぎ足しながら使用するといった方もあり、バランス釜内の追い炊き配管でレジオネラ菌をはじめとした雑菌が繁殖する可能性があります。これが原因で、小さなお子さんやシルバー世代中心に、発熱や体力低下など健康を害してしまうこともあります。

そのため、通常の蛇口からお湯を入れるタイプの給湯器のお風呂とは異なり、バランス釜専用洗剤で、浴槽内側で繋がっている吸水吐水口を月に1回程度は洗ってあげる必要があります。

現在は、システムバスで1つ穴タイプの追い炊き機能付き浴槽も人気があり、一定の温度や湯張り量で、自動的にコントロールしてくれるものも非常に増えています。必要な機能や使われている燃料などの量、家賃などまで、トータルで考えれば、リーズナブルなのはバランス釜タイプと言えるので、選択肢としてみるのも良いですね。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
八万町 アパート 1DK B 中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 佐古三番町 マンション 3DK 306 南庄町 アパート 1LDK 106 西須賀町 マンション 2LDK 106 八万町法花 アパート 1DK 101 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 フォブール蔵本 106