MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸用語集 > 設備 > ユニットバス
ユニットバス

工場で浴室各部の設備を作っておき、現場で簡単に組み立てるタイプの浴室のことです

ユニットバスとは、元来、あらかじめ天井、浴槽、床、壁、ボイラー配管、電気系統他などを工場で成型。それぞれのパーツを現場搬入し、現地で簡単に組み立て作業や調整を行って完成させるタイプの風呂まわり設備の事です。システムバスとも呼ばれています。

不動産会社によっては、防水使用で作られた浴室ユニット内に、風呂、トイレ、洗面台のうち2~3つを組み込んだ設備をユニットバスと称しているところもあります。ちなみにこれは、3点ユニットと呼ばれ、バブル期のワンルーム物件や狭いビジネスホテル物件などに多く見られるものでした。

ですが、古くからユニットバスといえば、このタイプ以外、浴室等をベースにした、工場組み立て型の浴室スペース建材ユニットのことを指しています。

また昔から、訪日海外客なども利用するホテルの物件には、かなり広いタイプのユニットバスがありました。

これは、シャワーなどでも使える浴室単体タイプの他、シャワーブースなどを備えた数畳もあるものなど。これらも広義のユニットバスとして、全国各地で見ることができます。




俗にいう3点ユニットと呼ばれるユニットバスは、非常に狭いコーナーに3つの設備を押し込めていることが多く、気密性と防水性が高くなっているのが特徴的です。

古い物件中心に電源をもたないものが多く、ドライヤーや温水洗浄便座を取り付けようと思っても外部から延長コードなどを使用しなければならないといった不便さがあります。

シャワーを使用する際には、水はねを防止するため、シャワーカーテンの裾を浴室内に入れて閉め、その中でシャワーを使用します。比較的小さい空間のため、大柄な男性などでは身動きがとりにくいといった声も聞かれます。

また浴槽が非常に浅く小さい物件が多く、身長のある人では、かなり体を折り曲げなければならないため、浴室事故などが起きやすい点なども指摘されています。

換気扇能力が高くないタイプも多く、室内に湿気がこもりがちです。ですが、トイレとバス含めて同じ洗剤で洗いあげた後、全体を湯で洗い流すなどの方法で、簡単に全体をいつもクリーンにできる点などで、忙しい学生や若い世代には人気があります。

この3点ユニットに対して、お風呂場とトイレが別に分かれている物件を、セパレート(タイプ)などと呼んでいます。