MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 防犯ガラス

防犯ガラス

ガラス割り侵入防止等をはじめとした、防犯性能の高い窓ガラスのことです

一人暮らし世帯や女性世帯、シルバー世帯、共働き世帯にとって、留守宅や一人在宅時は、何かと不安が付き物です。

特に1-2階などの低層階にある物件の窓辺の場合、通常は塀や植え込みがあるため、死角が多いほか、窓ガラス割りの犯行途中音や振動なども気づきにくい、といったこともあります。ガラス割り侵入などをされていても、在宅していた本人が別部屋で気づかず寝ていた、といったケースなども多く、ガラス窓の防犯対策は大変気になるところです。

これらのケースから、窓ガラス自体に防犯対策を施した製品が、多数販売されています。

様々なタイプがありますが、ガラス自体に特殊フィルムを封入したり、金属アミ等を間に入れたガラスとしたり、ガラス表面に特殊な厚手の樹脂板を張り付けたものなどが、良く知られています。いずれも、万が一窓自体にひびが入ってもガラスが取り外せなかったり、穴として貫通することは無かったり、といったものが多いようです。

通常のガラスと同じだと思って割り始めても、より強い力で幾度も衝撃を与えなければならないため、周囲からも気付かれわかりやすくなる、といった効果があります。

この他にも、開口部の真ん中にフレームが入った複層ガラス等となっており、万が一ガラスが割れた時も、窓から侵入できるほどの開口部の大きさにはならないもの等があります。

メーカーによっては、防犯ガラスよりさらに丈夫で、防犯防音断熱防露UVカット等の他、災害時などに窓ガラスが割れても飛び散らずに安全に過ごせる、防災安全複層ガラスなども販売されています。

他にも、通常の窓ガラスに貼り付けることで後から防犯対策を施せる、特殊フィルム等も販売されています。

こういったものは、入居者が張り付けることもできますが、建物の構造や地域等によっては、窓ガラス部分にプラスチックなど燃えやすい樹脂素材を取り付けることがNG、といった場合もあります。

また、こうしたフィルムや樹脂パネルの中には、一度貼り付けてしまうと糊残りが酷く、きれいに剥がせないものもあります。とはいえガラスのため、パッキンやサッシ窓枠部分以外は、時間をかけてしっかり清掃を行うことで、完全に撤去できないわけではありません。

大家さんや不動産管理会社によっては、入居者が独自にこういったものを取り付ける場合、建物の価値が上がるからとして、歓迎してくれる場合もあります。

もし自分でこういったものを賃貸住宅にプラスしたい場合には、事前に製品などを決定したうえで、施工が可能かどうか、原状回復は必要かどうか等に関して確認しておくとよいでしょう。

ちなみに2015年警視庁調べ※によると、一戸建ての空き巣の侵入方法のうち67%はガラスを割って侵入するものでした。侵入した場所は窓だけで60.1%と、とくに重点的に対策を行うことが、すぐに効果となって表れやすい場所でもあります。

※警視庁ホームページ 平成27年中の侵入窃盗(空き巣)の傾向

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
南矢三町 マンション 2LDK 202 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 昭和町 マンション 1DK 205 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405