MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > Iターン

Iターン

大都市圏で生まれ育ちその地域で進学就職した人が、出身地域以外の都道府県に移住定住することです

Iターンとは、首都圏近畿圏など大都市圏で生まれ育ち、自らの暮らしてきた地域だけで進学や就職してきた人が、出身地域ではない都道府県に移住定住することです。

いま全国各地の地方の市町村では、急速な高齢化による働き盛りの人材確保や、学校など社会生活を維持するのに必要な、人口%にあたる小さな子供の人数確保が問題となっています。

また、全国主要都市都心部では、新しい生活スタイルをベースにして、都心部にとくに多い移動制限や生活制限が存在します。そのため、子供が成長する適切な時期に体験しておかなければならない、遊びや人付き合い等から得られるしつけや経験などが不十分として、子供と家族の生活に大きな不安を抱える声が、メディアでもあふれています。

そんな流れを受けて、Iターンが話題になっています。

Iターンとは、大都市圏で生まれ育ち、その地域で進学就職した個人やその家族が、出身地域以外の都道府県に移住定住することです。

よく知られているUターンやJターンでは、出身地―進学就職での大都市―出身地の3つの場所をつなぐ軌跡の曲線から連想されるUやJの文字が由来とされています。ですが、Iターンでは、出身地―出身地域以外の2つの場所が直接繋がれるため、直線でIの文字に由来しているとされています。

たとえば、大阪市北区で育ち進学先と就職先が大阪市で、就職や転職などによって徳島市に来ると、これはIターンとなります。

また、大阪市北区で育ち進学先と就職先が大阪市という両親の下に子供がいる世帯で、子供の将来を考え、いったん仕事をやめて徳島市に転居します。そしてそこで仕事を探しキャリア形成を再スタートという場合、これはCターンと呼ばれることが多いものとなります

ちなみに、この「××ターン」は、現在確認されているだけで9種類ほどあります。Iターンの他には、Uターン、Iターン、Cターン、NターンOターンSターンVターンXターン。最終的に地方で暮らすか都市、大都市で暮らすかはそれぞれ異なりますが、就職や進学をベースにした移転定住の形であることは共通です。

Iターンのメリットは、なんといっても、生まれてからこれまで経験したことがない全く新しい地域、そして豊かな自然や人と人とのつながりが深い生活圏です。

大都市部からの移住定住となると、ライフスタイルをイメージしにくい方も少なくないものです。物価等に関しては、離島などを除き、食糧生産地などに近ければ生活必需品は比較的安価となります。また、家賃や光熱費なども、都市部よりはかなり安くなったという方が多いようです。

さらに見逃せないのが、大都市部での優れたキャリアやスキルを持つ人材の移住定住を狙う、全国各地のIターンフェアや、移住に伴う各種の給付金、助成金等です。

Iターン向けイベント等では、地方で人材が育ちにくい医療職や技術職などの特定の職種の人材や、特定の年齢、キャリアを持つ働き手。子供や若い夫婦など特定の家族構成をもつ人材を、広く求めています。

こういったイベントは大都市圏中心部などで月に1回程度は開催されており、いま暮らしている都心部のイベント会場で資料集めや相談、自治体や企業担当者等との面談などを受けることもできます。

条件に双方が合致すると、都心部での面接で、採用確約が出ることもあります。この場合は、すぐに働き口がある状態での移住が行える他、移住時の不安である住居探しや移転に伴う出費をカバーしてくれる、各種の給付金や助成金などを受給できることもあります。

もちろん、都心部でのイベントだけではなく、その地域内で多数の方に来訪してもらってのIターン希望者や、移住希望者向けイベントなどを開催している地域も豊富です。

また、転職によりしばらくの間収入が安定しない可能性などを考慮し、移住定住後しばらくの間、Iターン者向けの給付金などを設けているところも有ります。移住から数年間の間、市町村等が用意した、特別な公共住宅に暮らすことができる、といった地方自治体もあります。

縁もゆかりもない全く新しい地域に移住するということもあり、市町村役場などに相談窓口やカウンセラーなどを配置し、仕事から生活などさまざまな部分をしっかりバックアップしてくれる自治体も豊富です。

「これだけの制度があっても、一度行ってはみたいけれど、生活していけそうか心配」という方のために、数日から数か月間の体験移住を制度として設けているところもあります。

中には、転職者向けの職業インターンシップを兼ねて、さまざまな産業、役所等の中で働ける中長期のプログラムなどを同時に開催しているところもあります。前職を辞めた後、お試し移住で1年間各所でインターンシップをこなしながら生活した後、本格的にIターン先の地域で就職定住といった形からスタートすることもできます。

こういった各種プログラム、Iターンイベント参加があるかどうかは、自治体によって異なります。

とくに2020〜2021期は県外への移動制限などが長かったため、Iターン希望者の需要はあるものの、イベント自体の数や参加者が少ないといったこともありました。

インターネットでさまざまな地域の情報を確認するとともに、気になる地域があれば、自治体などのIターン担当部門にまず、イベント開催や各種プログラムの本年度の実施について確認してみるのも良いかもしれません。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
昭和町 マンション 1DK 205 北矢三町 アパート 2LDK C102 リーエ蔵本 301 リーエ蔵本 402 南矢三町 マンション 1DK 405 庄町 アパート 1K 107 庄町 アパート 1K 206 南田宮 マンション 1R 206 八万町千鳥 マンション 2LDK 201 中吉野町 マンション 1DK 405