MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
慈眼寺
じげんじ

境内に生木地蔵もある常楽寺の奥の院

徳島市国府にある慈眼寺は、四国八十八箇所霊場十四番札所である常楽寺の奥の院です。
常楽寺の寺領にこぢんまりと建っています。

山号は延命山で本尊は十一面観音像です。平安時代に彫像されたとされるこちらの十一面観音は子安観音ともいわれる安産や子供の健やかな成長にご利益のある観音様です。脇侍として弁財天と毘沙門天も祀られています。

また慈眼寺の境内には生木地蔵という、生の杉の木に直接彫りこまれたお地蔵様がいらっしゃいます。昭和29年の台風で杉の木は裂けて倒れてしまいましたが、不思議なことにお地蔵様には無傷でした。現在では地蔵尊の部分だけが生木地蔵堂に安置されています。
徳島市国府町延命598
周辺地図

交通

  • バス停「常楽寺前」
  • バス停「国分寺前」

教育

お買い物

医療

自然・文化