MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > ゲストハウス

ゲストハウス

利用期間が短い滞在施設・宿泊施設のことです

日本語では、不動産や宿泊施設関連用語として、ゲストハウスという言葉には明確な定義がありません。

シェアハウスのように住所を置き住まいとして利用が可能な物件を呼ぶこともあれば、短期宿泊型物件を呼ぶこともあり様々です。また、大学や大型集合住宅などでは、大学職員や学生、住民以外の人とひろく触れ合うことができるイベントなどの会場として、宿泊施設や多目的室のある建物を整備し、これをゲストハウスと呼んでいることもあります。

住民票の置ける宿泊施設であるシェアハウスと混同されがちですが、シェアハウスに比較するとゲストハウスのほうが利用期間が短かかったり、住所が置けなかったりといった制約があることが多いタイプの施設です。

宿泊できる物件では、個室になっているものもあれば、ドミトリータイプ、雑魚寝タイプなど、非常にさまざまな種類のものがあります。

ゲストハウスに似たものとしては、ホテルやマンスリーマンション、ウィークリーマンションの一部も含まれます。さらに、建物内の1部屋だけ貸しの民泊物件でも、ゲストハウスと名乗っているところもあります。

最近では海外からの旅行者の利用も目立ちます。

ゲストハウスも、種類によっては安価で気軽に利用できます。ですが、ホテルなどとは異なる法律や制度の下で運営されているところも多いため、入居中や滞在中のルールが曖昧になりがちで、さまざまなトラブルにつながるケースも増えています。

ゲストハウスを利用する際は、通常、サービス管理会社や物件所有者と入居に関する契約を行うことが一般的です。物件の一部分、部屋やベッド単位の貸し切り、もしくは共同利用のスペースとして利用すること。利用料がホテルなどに比べて安いにもかかわらず、家具家電や食器等の備品が広く整備されているケースもある為、使用に際しては、敷金、礼金ではなく保証金などという名目で預け金などを多めに支払っておく契約形態が多く見られます。

通常は、清掃や退室確認の後、数日後までに保証金部分などは差し引き返却されます。ですが、一時宿泊と入居に近い利用形態では、保証金などに関する取り決めが異なっていることも多く、入居のケースでは保証金を多く差し入れる必要があるケースもあります。

長期、中期、短期など、利用の実態とイニシャルコスト、返却されるまでの期間によっては、ホテルの長期宿泊プランや、ウィークリーマンション、一般の不動産賃貸の短期貸し物件の方が、費用負担自体が少ないこともあります。また、清算が早期に確実に終わることが盛り込まれている賃貸契約書なら、次の転居時にも前物件の保証金がしっかり予定を立てて利用できるといったメリットもあります。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
南矢三町 マンション 2LDK 202 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 昭和町 マンション 1DK 205 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405