MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > お部屋探し > コーポ

コーポ

一般的に集合住宅のことですが、とくに定義はありません

標準的なアパートです
標準的なアパートです

物件の名称には、コーポやハイツ、アパートという言葉が、全国的にも広く用いられています。ですが、地域や物件、建物のブランドなどにより、名前と建物の関連性は多種多様。となると、「物件自体にはどのような違いがあるの?」と気になってきませんか?

今回、こちらの解説を書くにあたり、簡単に全国を見渡してみましたが、コーポという物件は集合住宅で、大型マンションから階段で上り下りする懐かしのレトロ団地風物件、アパート、メゾネット、平屋の貸家物件など、さまざまな物件で用いられていました。ですが、比較的低層から中層のマンションや、低層のアパートなどに特に多く見られました。

一般的にコーポという名称がつく場合についてですが、特に定められた用法はありません。マンション、アパートなどの建物名にも多く使われています。一時、全国的にも大型マンションから小さなアパートまでに、広くコーポの名前が付けられていました。これは、和製英語ですが、コーポラティブハウスや、生活協同組合コーポなどの語の流行りなどを受けているのではないかといわれています。

物件の名称は、不動産会社や物件所有者が決める場合が多く、物件の外観デザインや内装イメージ、地域の景観、外装や共有部の建材やアレンジなど、どんな町や建物の雰囲気で作り上げていきたいかなどに合わせて考えられています。

同様の表現では…・アパート 英語のapartment(共同住宅内の各区画)・ヴィラ フランス語のvilla(田舎の別宅、別荘)・コート 英語のcourt(大きな庭などが在る大邸宅)・コーポ 英語のcorporate house(共同住宅)から作られた和製英語・コンドミニアム、コンド 英語のcondominium・シャトー フランス語のchateau(お城)・ハイツ 英語のheight(高いところ、高地)からくる複数形・ハイム ドイツ語のheim(家)・パレス 英語のpalace(宮殿)・パンション 仏語のpension(英語のB&Bと同じで年金や退職金などをスタートとして始める人も多い、食事付下宿や宿泊施設)からきた和製仏語。ペンションと呼ばれる時は、観光用プチホテル・民宿的な物件が多い・マンション 英語のmansion(大邸宅、豪邸)・レジデンス 英語のresidence(特に立派な大邸宅)・荘(そう) 中韓の莊から日本語に入ったと思われる(田舎、別宅、宿、私有地)・下宿(下宿) 日本に古くからある、食事付の居候型居住物件。個室物件もある・館(かん) 日本語の、官や貴人が建てた大きな建物、貴人の屋敷

などがあります。

これら集合住宅に使われることが多い名前には、いずれも特にこれといって定められた語の定義はありません。

ですが、現段階では「共同住宅の一部をマンションと呼ぶこと」については、マンションというものが日本の世の中に登場してからずいぶん経った後、法律などにマンションの語が使われることにより、事実上定義されていると考えられています。

ちなみにマンションとは、全国各地で広く、大きな集合住宅物件を開発販売管理していた「大京」が、自社物件に統一的に使っていた名称で、日本では、大京のマンションが、名称の上でも、設備規格等の面でも、あとから事実上のスタンダードとして使われるようになったものです。

それにしてもインターネットで調べると、プロの皆さんでもコーポの由来にはさまざまな説が飛び交っています。コーポがこの世の中に生み出された昭和、平成を経た私たちは、一体なにを信じ、何をよりどころにすればよいのでしょうか…

敷金礼金なしのオススメ賃貸
北島田町 アパート 1LDK F 南島田町 マンション 2LDK 303 南田宮 マンション 3DK 202 南島田町 マンション 2LDK 302 蔵本元町 マンション 1K 301 南矢三町 マンション 2LDK 401 西須賀町 マンション 2LDK 301 上助任町 マンション 2LDK 1号403 津田本町 マンション 2LDK 204 国府町和田 マンション 2LDK 2-34