MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > ピロティ

ピロティ

不動産では、建物構造を支える必要最低限の柱などだけを残した空間のことを表します

ピロティとは、フランス語の「杭」から来た言葉で、建物の構造を支えるために最低限の柱などだけを残した空間設計のことをあらわします。

一般的には、柱だけで支えられたエリアを中心として壁面などの構造を一部に残す、ロビーやホールフロアをもつ物件全体をまとめて、「ピロティ構造の物件」などとも呼びます。

壁面で仕切られることによる圧迫感が少ないため、平面方向にむかって開放的な印象を作り出すことができます。さらに、物件によっては吹き抜けも併用することで、複数フロアの一部がピロティによって支えられている構造のものもあります。

マンションのエントランス部分や玄関部分、階段やロビー部、高層階の高級物件などにこうした構造が利用されている物件も多く存在します。採光や空気のコントロール、空間を広く感じさせることで、邸宅として印象的に仕上げるといったさまざまな効果があります。

一方で、阪神淡路大震災をはじめ、地震などの揺れに弱かった建物として、ピロティ構造の物件が多く報道されていました。ですがその後、あたらしく建設された物件では、ピロティを採用する際の耐震性への配慮も広く行われるようになっています。

これらのピロティとは異なる日本語として、コンサートホールや大学などの公共施設において、入り口を入ってすぐの広々としたスペースや、掲示物、自動販売機等を設置するためのエントランス付近のスペースを、ピロティと呼ぶこともあります。

また建築業界では、ロビーフロアに設けられた柱だけで支えられた大きな空間、もしくはその柱を、ピロティと呼んでいます。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105