MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 高層階

高層階

日本では一般的に、6階以上の部分を呼んでいます

よく、マンションやオフィスビル物件では、高層階で眺めが良いといったコピーなどを見かけることがあります。

この高層階という言葉、厳密な定義が無く、さまざまな法律や条例によって、高層の定義が分かれています。

不動産広告では、一般的に6階以上にある住宅は、高層階として表示しているところが多いようです。これは、いくつかの建築にかかる法律等での定めを根拠にしています。

たとえば、都市計画法施行令(6条1項7号、第三十七条の四ほか)により、実務上の低層は1-2階、中層は3-5階、高層は6階以上です。また建設省の「長寿社会対応住宅設計指針」(建設省住備発第63号)において、「6階以上の高層住宅にはエレベーターを設置するとともに、できる限り3-5階の中層住宅等にもエレベーターを設ける」とあり、6階以上を高層階とする根拠としているものが多く存在します。

ですが消防法や電波法をはじめとする、高層建築物=高さ31メートルを超える建築物の定義などもあるため、一概には言えません。

またかなり以前までは、この6階以上の高さ相当で、マンション等建物の強度が大きく違っていました。他にも地域ごとの景観条例で、この高さを目安とした都市開発が進められていた歴史もあります。

築古物件でも6階以上の建物ならほとんどの物件ではエレベーターが存在するため、マンション低層階でのお部屋探しでも、6階を一つの目安とされる方が多くあります。

ちなみに、地震に強い建物だったとして、世界の建築士に語り継がれている法隆寺の五重塔は、1500年近く前に建てられた31.5mの塔です。建築マニアという人たちの世界では、この五重塔こそが日本の基準であり、このための31mだという説が非常に多いことを、使える小ネタとして、最後にご紹介しておきたいと思います。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 南矢三町 アパート 2LDK 105 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 八万町法花 アパート 1DK 101 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208