MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 下向給水

下向給水

建物上部にある貯水槽等まで持ち上げた水を各戸に自然落下の力で給水する上水道の方式のことです

マンションの屋上に設置された貯水タンク
マンションの屋上に設置された貯水タンク

下向給水(したむききゅうすい)とは、大型マンションや、高台にある団地などの住宅地、学校等の施設、敷地内に多数の世帯数があるアパート物件などで採用されることが多い上水道の給水方式の一種です。

一度建物上部にある貯水槽や、建物上部や敷地内の高い位置までポンプなどで水を持ち上げておき、そこから各戸の蛇口まで、重力などによる自然落下を中心に水を給水する方式です。

上水道網や下水道網の管は、通常いろいろな宅地に接した公道などに張りめぐらされており、宅地内で建物を建てる時に、そこから建物までの配管を工事で設置します。その先に、建物との配管を設置します。上水道網自体が地中に埋まっていることもあり、昔は技術や設備の問題で、水道管の中を流れる水の圧力自体はあまり高くありませんでした。

そのため、建物の背が高かったり、建物自体が丘や山の上にある、水道本管と呼ばれるところからの距離が遠い、といったことがあると、建物内での配管の時にそれぞれの家の蛇口まで水を届けるのに圧力が足りなくなります。また多数の人が一度に水を使った時にも、圧力が足りなくなるため、モーターポンプなどで都度水を加圧してあげる必要がありました。

昔はこういった機器が故障しやすかったこともあり、一旦貯水槽に貯めることでモーターなどへの負担を減らし、かつ各戸への給水時には下向の自然な重力を使う下向給水法の一種である、貯水槽給水が採用されてきました。

ちなみにこれに対して、水道網と直接水道管がつながっている状態のものが、直結給水です。最近は、大型マンション等でも、多数直結給水のタイプが採用されるようになってきています。

現在は全国的にも上水道の自治体での整備が非常に進み、また設備的にも各所に給水施設を多数設置できるようになったことから、昔に比べかなり圧力が高く出せるようになりました。

そのため、市街地などを中心に、直結給水を進める自治体も増えてきています。

下向給水を使う方式の上水道にはデメリットもあります。

水道水は水源地から処理を行って、飲料水として加工されてから水道の蛇口まで届きます。これは、一度貯水槽などに貯めてしまって時間が経つと、ある程度変化したり効果が弱くなるものでもあります。また水自体も、時間を置くと、雑菌などが繁殖することもあります。

もちろん、頻繁に貯水槽自体の清掃や殺菌などは行われていますが、それでも敏感な方にとっては水が美味しくない、臭う、水が熱いといった声もきかれます。

直結給水方式では、マンションや高台の住宅、また地域水道網の中で末端にある地域などでは、圧力や使用量からくる水圧や水量不足が発生することもままあります。断水時はどれだけ蛇口をひねっても水は出ません。

またとくに暑い日が続いた時や、テレビの人気番組などのコマーシャル時間、蛇口をひねってもちょろちょろとしか水が流れないなどのこともあります。

ですが、地震や大雨停電など大事故の時には、備蓄水だけでは足りず、貯水槽に水があったから住民が数日水に困らなかったといった声も阪神淡路や東北、全国の洪水時、タワマン浸水事故時などにも多くきかれました。また揚水ポンプが貯水槽の間にしか存在しないタイプ、増圧無のタイプのものでは、停電などがあっても、蛇口をひねれば貯水槽一個分の水は使えるというメリットもあります。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 南矢三町 アパート 2LDK 105 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 八万町法花 アパート 1DK 101 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208