MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > セクショナルキッチン

セクショナルキッチン

シンクやコンロや調理台などのキッチン各部が、1台1機能に分かれたタイプのことです

昔ながらの台所では、キッチンの設備部分は、1つの台ごとにそれぞれ1つの機能と、その下に収納スペースを持たせたものが一般的でした。現代でも、台所用設備製品としては、このタイプが最も売れています。

シンクやコンロがまとめて組み込まれているタイプのキッチン台や、カウンターキッチン、アイランドキッチンなどについては、一般的にシステムキッチン、キッチンカウンター、一体型キッチン等と呼んでいます。メーカーによっては、カウンターキッチンの事を、自社の商品名上キッチンカウンターと呼んでいます。

中には、システムキッチンの中に、独立したアイランドや壁面タイプの収納食器棚などを含んでいる商品もあります。

また、これらがそれぞれの機能部材ごとに、シンクのある台部分、コンロを載せる台部分などに分かれている場合には、システムキッチン等に対して「セクショナルキッチン」と呼んでいます。セクショナルとは、ユニットに分かれた、組み立て式のという意味で、欲しい機能にあわせて自由に部分ごとに組み合わせることが可能です。

セクショナルキッチン本体は、さらに個別の台単位の呼び名があります。各メーカーによっても若干異なりますが、シンクのある台は「流し台」、コンロを載せる台は「コンロ台」、何もないフラットな天面でさまざまな作業に使う物は「調理台」と呼んでいます。

配管が接続されている流し台や、内部に配管のあるコンロ台を除いた台には可動式の物も多く、軽量で安価なこと、壊れた台や汚れた台だけを取り換えることも可能なことから、アパート物件などで数多く採用されています。

高さには各時代、各社ごとにかなり変遷があり、既製品でも昔の物は全体的に台が低く奥行きが小さめという特徴があります。省スペースに適合したものが多い、といった特長もあります。

現代の物では、シンクと水切りが一体となったもの等、幅が大きく継ぎ目が少なくて済むといったものや、天板はホーローなどお手入れが楽なもの、木製などおしゃれでナチュラルな生活スタイルに合わせた製品も多く、システムキッチン同様、魅力的です。

一般的に部分的入れ替え時には奥行きをそろえる必要はありますが、幅と高さに関してはスペーサーを旧キッチン台などとの間に入れることにより調整できる場合もあります。

各台の床面には多少の隙間ができるため、水や落下物による汚れが溜まりやすく、この隙間をカバーするための鉄板やシールなどを併用することが多いようです。

新築時にシステムキッチンを設置する場合に比べて、工事の手間が少ないこと、製品そのものの費用も安いものが多い事から、全体として工期や費用の圧縮につながりやすいといったメリットは、やはり大きなものがあります。

個性的な物件を目指す方には、同じ製品の色違いなどを組み合わせることで、ここにしかない配色で快適なキッチンライフを演出されるといった事例も、インテリア雑誌などに豊富です。

カウンターキッチンのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 蔵本元町 アパート 1LDK W3 蔵本元町 アパート 1LDK E1 上助任町 マンション 2LDK 203 南佐古八番町 マンション 1R 306 山城西 マンション 1R 303 山城西 マンション 1R 203 ベレオ中島田 305 シャーメゾンアポロ 203 シャーメゾン南沖洲B 103