MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > Wi-Fi

Wi-Fi

わいふぁい

パソコンやスマホ、モデム等から出る電波を利用して無線LAN接続する技術の中の1種です

お部屋探しの広告や間取り図によく表示されているWi-Fiとは、LANを経由してインターネットなどにパソコンやスマホ、タブレットやテレビ、家電などを接続するための電波や接続方法の規格を表しています。この方式により、LAN接続が可能な設備やインターネットに接続可能な設備がすでにあることを表しています。

Wi-Fiは、米国の業界団体であるWi-Fi Allianceの国際標準規格IEEE 802.11を使用して、デバイス間を無線LANで相互接続するためのシステムが整っていることを表しています。ちなみにこのWi-Fiは登録商標のため、この表示があるだけで、Wi-Fi方式による各種の無線接続が行えることを表しています。

インターネットやスマホに詳しくない私では、「Wi-Fiあり」と見ると、「これを使ってネット接続したら、スマホやプロバイダのパケットやデータ従量を気にしないで楽しめるから、オトクじゃない?」という印象でしかありません。ですが、端的に言うとそういうことだそうです。

とはいえ、ハウスマイルとしては、もう少し掘り下げてご説明する必要がございます。

具体的には、Wi-Fiには次のような特徴やメリットがあります。・ケーブルをつながずにネットワーク接続ができるから、スマホやパソコンの接続端子が壊れにくい・ケーブルが無いから、赤ちゃんやペットと同居していても危険が少ない(泥酔して帰ってきても転びにくい!!)・不動産物件にWi-Fi ありやWi-Fi OKとかかれていれば、すでに物件内でWi-Fi接続できる設備が整っているから、使用開始に際してモデムや無線LANルータやWi-Fiルータを買わなくていい・スマホやインターネットサービスプロバイダの一般的な回線を利用しないタイプのWi-Fi接続なら、データ通信量にかかわらず3G/4G/5G/LTE部分のデータ通信料金が増えない・さらにWi-Fi無料と書かれていれば、Wi-Fi利用に関しては、一円も払わずに利用できるほかにも、さまざまなメリットがあります。

ですが、Wi-Fiには欠点も挙げられます。・各戸で1台のルータなら良いものの、全戸共通ルータと回線の場合、だれか1人の高負荷なデータ量の使用によって回線が重くなってしまう・ルータから数10m程度の範囲しか電波が届かないうえ、コンクリート壁などの場合電波状況が悪くなる部屋がある・全戸共通ルータの場合、接続する各スマホやパソコンなどのセキュリティ設定を十分にしておかなければ、親機側から接続中の機材について、中身が見えてしまうリスクもあるなどです。

宅内にすでにWi-Fiネットワークが敷かれていれば、流行りのIT家電やIoTなどで、お出かけ先から自宅の電気や湯張り、エアコンのコントロールなどを行うことも簡単です。留守中の自宅に置いたカメラ端末の映像を、学校や会社などのお出かけ先から確認することもできます。

既にWi-Fiの設備があり、使える状況にもかかわらず電波が弱い場合、これを強くするにはWi-Fi中継器などをプラスすることで、すべての部屋で良好な電波状態で利用することができます。

最近は、使えるあらゆる機材や家電も増え、Wi-Fiが設置されているだけで、技術的にはエッジの効いた生活が送れる基盤が整っているといえるでしょう。

関連ワード

インターネット無料のオススメ賃貸
蔵本元町 アパート 1LDK W3 蔵本元町 アパート 1LDK E1 中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 蔵本町 マンション 1K 103 北佐古一番町 マンション 3LDK 505 応神町古川 マンション 1DK 306 北佐古一番町 マンション 3LDK 306 アトリエ蔵本 307