MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 住宅改修(介護保険)

住宅改修(介護保険)

要介護者等が生活をしやすいように行う住宅への設備の付加やリフォーム等のことです

介護保険制度等による住宅改修とは、要介護者などが生活をしやすいよう、またはケアを受けるために行う、居住住宅に対する改修工事のことです。その工事にかかる費用の一部は、介護保険制度から補助されます。

改修は居住する住宅に行うものですが、自らが所有する建物に対してだけではなく、賃貸物件に対しても行うことができる場合があります。

例えば、トイレや階段の手すり設置などは、比較的軽微な工事で済むものも多く、退去時には取り外しと原状復帰が簡単に行えるものなども増えています。賃貸物件によっては、壁に穴をあけることがすべて不可といったものや、壁面に穴を開けるのは可能ながら現在の住宅の構造部分の強度的に、手すりなどが取り付けられない、といったケースもあります。

住宅改修は、ケアマネージャーを含めてプランを設定していきます。要介護者のレベルによっては、特殊なベッドや車いすなどの設置が必要なこともあります。床や扉などのバリアフリー化、ドアや窓の枠を大きく広げたり床の補強工事を行うなど、さらに大きな改修が要求されることもあります。

管理会社や物件オーナーによっては、こうした大きな改修を受け入れてくれる物件もありますが、退去時などの取り扱いについては、物件ごとに判断が分かれるところでもあります。大きな住宅改修が必要なケースでは、費用や賃貸である点なども考慮し、転居や施設受け入れなどを含めて、ケアマネージャー側が検討するのが一般的です。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
住吉 マンション 1R 32 南庄町 マンション 2LDK 102 久保マンション 102 昭和町 マンション 1DK 205 住吉 マンション 1R 33 リーエ蔵本 408 北矢三町 アパート 2LDK C102 住吉 マンション 1R 303 中常三島町 マンション 1DK 403 八万町法花 アパート 1LDK 201