MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > 制震

制震

地震が発生したときに、揺れのエネルギーを変換したり吸収させて、揺れを少なくすることです

制震(せいしん)とは、建物建設時やリフォームとして施す地震対策の一種です。地震が発生した時に、揺れのエネルギーを建物の基礎や壁内、柱間に設置した各種のダンパーや錘などに吸収させ、建物自体が受ける揺れを極力少なくする、各種しくみのことです。

良く知られるところでは、横浜のランドマークタワーは大型の錘をメインに備えたタイプで高層ビル揺れに強いシステムをもっています。

一般の集合住宅や戸建て住宅用の制震システムも、多数販売されています。

さまざまな方法がありますが、最も多いのはダンパーや樹脂製のパーツを床下基礎部分に設置し、揺れ自体を振動、あるいは熱変換などをさせて吸収するもの。建物内部には、揺れとしてはできるだけ伝えにくくするタイプのものです。

よく似た言葉で混同されがちなものとして、免震(めんしん)が有ります。免振は、積層ゴム、ばねなどを入れたり、エアなどによるジャッキアップを行うことで、万が一の際には建物基礎と建物を切り離し、揺れを建物側には伝えないものです。耐震(たいしん)は、建物の柱同士の接続部分などを強固にしたり弾性をもたせることで、揺れが酷くつづいても破壊されたり変形したりしない強度を持たせること、などがあります。

免震、制震、耐震の中で、法律上一定以上の対策を施さなければいけない耐震を除いては、比較的リーズナブルにリフォームなどで機能をプラスできる制震は、多数の物件に整備されてきています。

毎日暮らす物件だからこそ、免震や制震、耐震構造をはじめ、避難所、防災グッズなどさまざまな防災機能や被災時対応ができる物件をチェックしておきたいですね。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105