MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > 間接照明

間接照明

天井や壁等を照らした際の反射光をつかう照明方法です

間接照明とは、光が必要な場所に対して直接光を当てるのではなく、天井や壁、水面やガラス面などを照らした際の反射光をつかう照明方法のことです。わかりやすく言うと、人のいる場所から見て直接電球などの光っている部分、光源(こうげん)が見えないタイプの照明器具が、間接照明です。

照明器具と電灯線をつなぐ方法としては、器具がそのまま壁などに埋め込まれているビルトイン型や、引っ掛けシーリングタイプ、ライティングレール型など様々なタイプが存在します。

そこで使用する照明器具のタイプでは、スポットライトなどの投影型各種照明ほか、ブラケット照明、LED等のテープ照明などをはじめ、さまざまなタイプが存在します。ペンダントタイプや天井に密着したタイプの照明器具でも、下を照らさずに上方を照らすものなどもあります。

人や物の場所を直接照らさないため、反射して回り込んだ柔らかな光が広がることで、リラックス効果がある他、水面やガラス面などからの動く反射光を使うことで、ランダムな動きを楽しむこともできます。

また、壁面や天井、AV機器など面積の大きな設置物の背後を照らすことで、実際よりも奥行き感を出し、部屋全体を広く見せる効果もあります。

主婦にとっては直接光に比較して、室内の埃残りが目立たないため、お掃除の手が抜きやすく楽がしやすいといった、同居する家族にとっては切実な問題もあります。

天井や吹き抜けなどに直付け、直接設置されるタイプも多く、電球などの交換でははしごが必要な物件もあります。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105