MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > ウッドデッキ

ウッドデッキ

ベランダや庭、玄関スペースなどに設置された、木でできた高床式設備です

ウッドデッキとは、ベランダや庭、玄関スペースなどに設置された、木でできた高床式設備です。

窓やベランダ、玄関ポーチなどと同じ高さの床高に作られたものもあれば、床や地面から階段やスロープを上がるような形で設置されたものなどもあります。

床材は、スノコのような形で木材を配置するのが一般的ですが、日本のスノコよりは木材同士の間隔はかなり狭く、厚手で耐荷重性が高いことに特徴があります。ウッドフロアに比べ、すこし感覚が空いたような見た目のものが一般的です。

もともとは、海外のログハウス、山小屋のエクステリアとして木造建築に数多く作られており、玄関ポーチを兼ねたデザインに多く見られました。また、庭のフォーカルポイント〜東屋などのためにも古くから設置されて来ました。

日本の庭園のこれらの設置物では、下を土にすることが一般的ですが、居室内靴文化の海外の場合にはこういった設置物では、床面に木材や石材を配することが一般的です。

日本の現代住宅物件では、ベランダやバルコニーの床を、木質素材のスノコのような形で少しだけ底上げしたものを、ウッドデッキと呼ばせているケースもあります。

実際の地面や床高より高い位置にあるため足元まで通風がよく、夏は天然素材が照り返しを防いで涼しく、雨上がりには靴底などを汚さないため、子供の遊び場やプールや屋外浴槽設置用、ペットの運動場などとしても人気です。

レッドシダーなどの防虫防腐効果がある天然木材が原料ではない限り、ある程度の防虫防腐薬剤や耐候性塗料を使う必要があるため、施工に関してはアレルギーや近隣配慮など注意も必要です。また、一度設置した後は、設置環境や気候によっては劣化しやすい設備でもあります。定期的にプロによる点検などを受けるほか、1-2年に1回程度、防腐剤塗布メンテナンスなどを行うようにしましょう。

中には木調樹脂や金属、石材などの素材のウッドデッキ風建材もあり、こちらはメンテナンスも楽です。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
南矢三町 マンション 2LDK 202 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 昭和町 マンション 1DK 205 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405