MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 徳島のお寺 > 無尽山 荘厳院 地蔵寺
無尽山 荘厳院 地蔵寺
むじんざん しょうごんいん じそうじ

弘法大師が開創し勝軍地蔵菩薩を安置しています

地蔵寺は、徳島県板野郡板野町羅漢にある真言宗御室派の寺院で、四国八十八ヶ所霊場の第五番札所です。本尊は、延命地蔵 胎内仏・勝軍地蔵菩薩。

嵯峨天皇の勅願で、弘仁12年に弘法大師が開創したとされています。弘法大師は、自ら勝軍地蔵菩薩を彫って、本尊に安置したと伝えられています。その後、淳和天皇、仁明天皇の3代にわたって天皇家が篤く帰依されました。

さらに、紀州の熊野権現の導師だった浄函上人が延命地蔵菩薩像を刻み、その胎内に弘法大師作の勝軍地蔵菩薩を納めたといいます。源頼朝や義経、蜂須賀家などの武将たちが多くの寄進をしたのは、この勝軍地蔵菩薩を信仰したためだろうと考えられています。

「奥の院 五百羅漢」には、約200体の木造羅漢がコの字型に並んでいます。羅漢とはお釈迦様の弟子で、人間として最高の境地に達した者のこと。いずれの顔も喜怒哀楽の表情が豊かで、この中には必ず自分の姿や親しい人に似た顔が見つかるのだとか。
境内には他にも、樹齢800年を超えるという銀杏の大木「たらちね大銀杏」や、水子地蔵尊と庫裡の玄関左の2ヶ所にある水琴窟など、見どころが豊富です。
板野郡板野町羅漢林東5番
周辺地図

交通

  • バス停「羅漢」
  • バス停「大日寺口」

暮らし

お買い物

医療

自然・文化