MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 事業用不動産

事業用不動産

じぎょうようふどうさん

事業用不動産の概要及び長所と短所を解説

いわゆる賃貸用の不動産や社宅、それらに加えて企業や会社の工場・事務所など全般を指して、事業用不動産と位置づけられます。すなわち、事業運営に欠かせない不動産のことを対象としています。

個人での居住不動産とは分けて分類されるのが、この事業用不動産になります。その物件による収益性の高低によって、価格設定が判断されるから、が理由だそうです。

ここで、事業用不動産で、より効果的に利益をあげるための留意点について考えてみましょう。

何と言っても見逃すことができない項目は、対象となる事業用不動産の種類を正しく認識する、ということになります。

つまり、自分の本業に直接関連する事業用不動産なのか、それとも単純に投資目的が理由となる不動産なのか、それによって事業寄与度もしくは収益貢献度の、いずれを優先して判断するのかが分類されるというわけです。この点に留意しながら、事業用不動産を運用する必要があります。

以下の段では、事業用不動産を購入する場合の長所と短所について、あげていきます。

不動産を購入する場合の長所についてでは、対外的な面での信用度がアップするという長所が一番に挙げられます。

購入した事業用不動産は資産として評価されるので、資産が何もない時よりもメリットになります。あわせて、この不動産を大型施設などに展開することもでき、より大きな収益をあげる可能性も広がります。

たとえば、同じような大型施設を賃貸で持っているとします。どれだけ事業の効率化を進めたいと思っても、自分の好きなタイミングで勝手な改装工事などは不可となりますが、自己所有であれば、それも自由に対応できるわけです。

次に短所についてあげるとすれば、資金調達が必要になるという点でしょうか?ある程度の融資が受けられるとしても、最低限の自己資金は必要な場合があります。

また賃貸の時には発生しなかった施設内のメンテナンス費用も、自己所有の場合には自腹を切ることになってきます。補修費用など、長期的な収支にある程度見通しを持って備えておくことが必要になります。

事業用不動産を運用するということは、長所と短所の両面に渡って、発生してくる課題はあります。それらの正しい知識を持つことから、まずは始めてみましょう。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 南矢三町 アパート 2LDK 105 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 八万町法花 アパート 1DK 101 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208