MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > グラウンド

グラウンド

【 大型公園 】

生活に潤いをもたらす他、災害時の避難や給水等に重要な施設です

大型の公園が近いとリフレッシュできます
大型の公園が近いとリフレッシュできます

グラウンドや大型の公園は、日常生活において、風景鑑賞や子供の遊び場、軽い運動の場所、ペットの散歩などに使われる、日々の生活に潤いをもたらす施設です。万が一の災害時には、一時避難場所として、また給水等の配布拠点となる重要な施設でもあります。

避難が必要な災害には、大雨洪水や大地震、大型火災、化学物質等被害などがありますが、事故が発生している場所と事故自体の性質の関係で、地域の避難場所は異なってきます。また、事故の規模や種類によって、地域で優先される防災避難場所がそれぞれ、近所の公園から、さらに離れた大型の公園などへと別に設定されていることも多くあります。

避難生活や社会的インフラが寸断される生活が長い場合、比較的大型の公園から順に、避難場所や給水等配布が行われる体制がとられることも多くあります。特に給水などは、時間帯も固定され、重量物に悩まされる方も多いもので、大型の公園施設が近隣にある物件は、何かと安心できます。

また避難時の移動面では、小さなお子さんやシルバー世代のいる世帯では、とくに配慮が必要です。最初の避難所や集合所から次の避難所に移転するだけでも、二次被災リスクやその他の環境変化による健康やストレス面への影響は大きくなりやすいものです。

とくにこういった世代に対しては、直接大きな避難所に移動することができず、各拠点ごとでの安全確認と、誰かの送り迎えが必要といった体制になっている地域もあります。こういった場合には、初めから拠点となる大きな公園やグラウンドの近くにある物件を選択しておいた方が、万が一の際にも安心して暮らすことができます。

現在、各地の自治体は、さまざまな防災リスク毎に避難場所を定めたハンドブックや地図を配布しています。また、どの地区の住人はどの公園に避難する、そこにどんな防災備蓄物資が準備されている、といった情報がインターネット上で広く公開されています。

お部屋探しの際には、こういった情報を事前に確認し、家族のメンバーにあわせて比較検討しておくことも大切です。また、日常利用においても避難時利用においても、公園やグラウンドまで事故なくたどり着ける明るさや道幅、道路の平坦さ、交通量などは重要なチェックポイントです。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208 中吉野町 マンション 1DK 405 山城西 マンション 1R 303