MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 引越挨拶

引越挨拶

転居に前後して、引っ越しの騒ぎを詫び、ご近所に顔出し挨拶をする日本の風習です

引越に伴っては、休日や忙しい時間帯の大型の自動車の乗り入れや、多数の人の出入りなど、道路や共有部を使い、ご近所の皆様にご迷惑をかけることが少なくありません。

日本では、転居の引っ越し作業に前後して、引っ越しの騒ぎを詫び、ご近所に顔出し挨拶をする風習があり、引越挨拶(ひっこしあいさつ)と呼ばれています。

タオルや洗剤、お菓子など、簡単な粗品を持参して、あらたに転居してくる場所に隣接する世帯や、建物の皆さんのお宅の玄関先を回ります。

以前は、不在の場合でも、ドアノブに粗品とともに、メッセージカードに「○月○日、物件名住所に引っ越してまいります、名前です。お留守のようでしたので、書面でのご挨拶に代えさせていただきます。何かとお騒がせいたしますが、よろしくお願い申し上げます。」のように書いたものを多数準備していました。

地域や物件の種類などによって風習が異なり、引っ越しの前後、いつ頃行えば良いかは区々です。どの近所に対して行い、どんな粗品を持参すれば良いか、誰に対して訪問するか、などには違いがあります。

一般的なのは、大家さんや家財搬入ルートにあたる方々には、事前事後の2回はご挨拶に回る、などがこれまでの凡そのルールです。

新たな土地でのこういったご挨拶など風習については、不動産会社や大家さんにまずご挨拶をしがてら、どんなタイミングでどこへ挨拶をすれば良いかを、事前に確認しておきましょう。わからない場合は、引っ越し作業の事前、数日前に、引っ越し作業日を伝えつつご挨拶に伺うようにすれば、心象が良いだけではなく、作業時に協力も得やすくなります。

また引越挨拶では、これまで住んでいたところにも同じようにご挨拶をする風習がある地域もあります。通常は引っ越し作業当日の朝や、退去の直後に行います。挨拶品などはほぼ、引っ越し先での挨拶と同じところが一般的です。

引っ越しをお手伝いして頂いたり、搬入搬出や車両移動にご協力を頂いたところには、挨拶品の他、その日のうちにお蕎麦やお弁当などを持参するといった風習があるところもあります。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
八万町 アパート 1DK B 中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 佐古三番町 マンション 3DK 306 南庄町 アパート 1LDK 106 西須賀町 マンション 2LDK 106 八万町法花 アパート 1DK 101 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 フォブール蔵本 106