MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > ドアストッパー

ドアストッパー

ドアを開けたまま固定したり、ドアを開けた時に壁面などにぶつからないようにするための器具です

ドアストッパーとは、洋ドアを開けたまま固定したり、洋ドアを開けた時に壁面などにぶつからないようにするための器具です。通常ドアストッパーといえば、ドアを固定するもの(本来の部材名のドアストッパー)と、ドアの戸当たりでの傷を防止するもの(床付け戸当たり、ロケット戸当たり)の両者を含んでいることが一般的です。

玄関先と床面どちらも屋内にある物件では、広く作り付けの器具として、床面やドア本体に取り付けられています。また室内ドアにも設置されていることがあります。

ドアの中でも、人目に付きにくい最上部や最下部から飛び出たゴム付きのバーのような形のものや、床面から飛び出た短いバーのようなものなどがあり、特殊樹脂などでできたパッドやバーのようなタイプのものもあります。

開放したまま固定するためのロック操作としては、ボタン操作、マグネットなどの他、ドア開放の1回目に自動的にロックがかかり、強くもう一度同じ方向に押せば自動でロックが外れる物があります。また、ドア開放時に壁面に取り付けられた鎖や引っ掛けレバーにドア側の金具をかけて固定するタイプのものなどもあります。開放した後にレバーを下すことで固定され、その後はドアを閉める強い操作によって自動的にロックが外れるものなども出ています。

ドアがばたんと勢いよく閉まらないように、ドアの上に取り付けられているドアクローザーという金具がありますが、その構造メカニズムによって、ドアを解放したまま固定したり、一定以上ドアが開放できないようにするタイプの器具なども存在します。

もしも入居した物件にドアストッパーがない場合、100円ショップなどで樹脂製などの置き型ドアストッパーや、ドア下挟み込み型ドアストッパーを使用するといった方法もあります。いずれも、ドア解放時の動作の他、ドアを開放したまま固定する目的で使用できます。

昨今は、換気の重要性が見直された時代でもありました。ドアストッパーがあれば、毎日の換気も楽に行える上、大切な建物自体を傷つけずに安心して開閉することができます。ベビーカーを使用するため両手がふさがりがち、育ち盛りのお子さんがいて常に目が離せないといったご家庭では、非常に使用頻度が高い設備かもしれません。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105 ピース・シリウス B棟 102