MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 軽量鉄骨構造

軽量鉄骨構造

建築において、住宅などに用いられる軽量形鋼を用いた鉄骨構造です。

軽量鉄骨構造は、LGS造とも呼ばれます。

近年ではほとんど鋼材を用いるので、鋼構造と呼びかえることも少なくありません。特に断りがなく鉄骨構造という場合、一般的には重量鉄骨ラーメン構造を指します。

鉄骨構造は大きく三種類に分けられます。厚さ6ミリ未満の鋼板を加工した薄くて軽い鉄骨を用いて建物の骨組をつくり、これを梁や柱として利用するのがブレース構造です。柱と梁を完全に固定(剛接合)し、筋交いを不要としたものがラーメン構造となります。また、小さな三角形を多数組み合わせる、トラス構造があります。

軽量鉄骨は熱に弱いため、外壁には熱に強いALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートなどがよく使われます。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208 中吉野町 マンション 1DK 405 山城西 マンション 1R 303