MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 三角割り

三角割り

音や破片発生を防ぎながら窓ガラスを割る犯行手法名です

窓から住居侵入する犯罪の場合、窓ガラスを直接割って人が入れる大きさの穴を開けようとすると、ガラスがばらばらと崩れ落ち、大きな音や破片が発生することがあります。

三角割り(さんかくわり)とは、テープや樹脂などをガラスの一部に貼り付けるかカギ付近だけにひびをいれることで、騒音や破片の飛びちりを防ぎながら窓ガラスのカギ付近だけを破壊し、住居侵入する犯行手法の名称です。こじ破り、三角切り、三角破りとも呼ばれます。

あまり騒音が発生しないため、夜間ですら、近隣に気が付かれることは非常にまれだそうです。在宅時に入られた入居者本人ですら、窓が割られていることに気が付かない事もあるほどです。

不在にする場合や長期外出をする場合は、ドア窓とも必ず施錠に注意してください。万が一のトラブルの時には、速やかに警察署や不動産会社に連絡しましょう。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208 中吉野町 マンション 1DK 405 山城西 マンション 1R 303