MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 電気温水器

電気温水器

水を貯めたタンクを電気で温めるタイプの給湯設備です

電気温水器とは、保温性の高いタンクに貯めた水を電気で温めて常時ストックし、蛇口をひねるとそこからお湯が出てくるタイプの給湯設備です。

通常、湯沸かし器やボイラーの熱源は、ガスや灯油、コークスや薪などを利用するものが一般的ですが、これが電気となっているものの総称です。

住宅用には床面設置型タイプが多いのですが、壁面設置型など含め、お湯の容量的にも様々なタイプがあります。中には、設定温度にあわせて追加で加温したお湯などを出してくれるものもあり、ほぼ100℃で利用できるお茶や飲料用のタイプも存在します。

炎が見えない上、燃料などが存在しないことで、引火や延焼の危険が少ないと言われており、シルバー1人世帯物件などにも人気の設備です。

また電気の場合、漏電等があれば、回路遮断など様々な建物自体や周辺のシステムが作動することもあるため、火事が起こりにくいといった事から選択されるご家庭も多いようです。

電力会社が販売しているタイプの電気温水器や周辺システムでは、電気温水器に床暖房やヒーティングなどを加えたタイプがあります。また、特別にお得な深夜電力で大部分の加温を済ませたうえで、日中などは温度の維持を中心に電気を利用するものや、電力会社のグループ企業で購入した人向けの電力プランが利用できることもあります。

もちろん、それ以外の企業が販売している電気温水器でも、深夜を中心とした電力プランや、トータルな使用量や使用時間帯に応じた最適な電気使用契約プランが利用できます。

電気温水器の場合、機材にもよりますが、一定以上の温水量が給湯器内に確保されていない場合、自動的に補注水がされ、電気料金が高額になる時間帯に全体を再加温して、電気を大量に消費してしまうことがあります。

また大家族で毎日入浴を頻繁に行うといったケースでは、電気温水器内のお湯がいつも不足気味で、電気料金が高い時間帯に作動することが多くなるといったこともあります。

これに対応した電気温水器では、こういった時間帯やタンク内の補注水タイミング、量などを、個別に設定できるものもあります。お部屋を探す際には、こういったタイプの設備がある物件をしっかりチェックした方が賢明でしょう。

少しのお湯利用のみで一日不在の多い1人世帯といったご家庭では、瞬間湯沸かし器タイプに近い給湯器の方がお勧めです。これは、使用する分だけしかお湯を沸かさないため、イニシャルコストもランニングコストもお得になるといったものです。

敷金礼金なしのオススメ賃貸
国府町府中字堀田 アパート 3LDK 103 中前川町 マンション 1DK 203 北矢三町 アパート 2LDK C102 上助任町 マンション 2LDK 203 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 南矢三町 マンション 1DK 405 北矢三町 アパート 1LDK 1B 南田宮 マンション 1R 206 中吉野町 マンション 1DK 405