MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > シックハウス症候群

シックハウス症候群

カビやダニ、有機溶剤や塗料、プラスチック等の商品から出る微量なガスで、皮膚炎や体調不良を起こすことです

シックハウス症候群(しっくはうすしょうこうぐん)とは、体に有害な物質などによって、皮膚炎や体調不良などを起こすことです。具体的には、カビやダニ、建材屑などを吸い込んだり、有機溶剤や塗料、建物のコンクリートからの揮発物、ビニールやプラスチック等製造施工された建材や家具などから出る微量なガスが原因となり、引き起ります。

子供の頃に、こういった原因にさらされたことで、長い期間にわたり様々なアレルギーが発生する可能性があります。子どものころ特に問題がなくても、虫に刺されたり動物に噛まれたり、業務上いつも特定の物質に触れたりすることが原因で、形状や特性がよく似たタイプの物質に対し、大人になってから急に発症することもあります。

新築された物件に使われている物質である、酢酸ビニルや可塑剤にフタル酸エステル類などを使用するポリ塩化ビニルなどは、比較的多くの発症者の原因となっていると言われます。また、これらの物質が原因で、一般的な食品や飲料、衣類などに対する別のアレルギーが発症することもあります。

ひどいケースでは、急性症的に全身や気道が腫れあがり、呼吸や嚥下などができなくなったり、意識障害を起こしたりすることもあります。

代表的な生物や成分、物質などに関して、シックハウス症候群かどうかは、アレルギー外来や皮膚科、耳鼻科等で検査を受けることで判明することもあります。

日々の生活では、徹底したお掃除や換気などを行うほか、通院しつつ医師の指導を受けて、少しずつ様々な療法を試していくのが一般的です。

シックハウス症候群の方のお部屋探しでは、換気が十分行える物件のほか、カビや湿度が溜まらず、周辺の土壌や建物内外からの揮発物が侵入してたまりにくい構造を選ぶのがポイントです。ある程度は新しい中古物件である方が、建物コンクリートや壁紙類からの揮発物がほとんど発生しない傾向にあるため、このようなポイントも押さえておくと良いでしょう。

徳島は自然が豊富なこともあり、建物内外を自然派素材だけでつくった住宅も沢山あります。

家族の健康を気遣った、さまざまなこだわり条件も、豊富な物件の中からあれこれ選べるハウスマイルに、ぜひご相談ください。

関連ワード

敷金礼金なしのオススメ賃貸
中前川町 マンション 1DK 203 南矢三町 マンション 1DK 405 西須賀町 マンション 2LDK 106 南庄町 アパート 1LDK 106 応神町古川 マンション 1DK 306 アトリエ蔵本 307 南田宮 マンション 1R 206 南矢三町 マンション 1DK 208 中吉野町 マンション 1DK 405 山城西 マンション 1R 303