MENU ハウスマイルlogo
新生活応援キャンペーン
賃貸TOP > 賃貸ワード > 設備 > レールボックス

レールボックス

カーテンレールを取り付けるために設置された窓枠等周りの箱状スペースのことです

レールボックスとは、カーテンを取り付けるためのカーテンレールを設置するための箱状の設備です。

通常は窓枠の直上の壁面や、窓の最上部の天井位置などに設置されており、下向きに口が開いた横長の箱の形です。室内インテリアと、色や材質をあわせたトーンにしたものが多く見られます。

賃貸物件では、この中に金属製や樹脂製のカーテンレールが設置された状態で貸し出されているところが一般的です。物件によっては、中のカーテンレールだけは入居者が自ら購入して取り付け、退去時には取り外すのが原則というところもあります。

レールボックスがある物件では、レールボックス以上の高さには窓からの温度湿度漏れが発生しづらく、毎日頻繁にカーテンの開け閉めをしなくてもカビなどが発生しにくくなります。窓を閉めた状態で強い風が吹き込んでも、カーテン上部の隙間から土ぼこりなどが入りにくいのも特徴です。また、窓からの熱漏れを抑えることができるため、室内の温度が一定に保たれやすく冷暖房効率がUPするといったメリットがあります。

物件によっては、カーテンボックスの中に設置されたレールが一連やワイヤータイプなど特殊な形状のこともあります。

レースカーテンとカーテンを併用したい場合、あらかじめ取り付けられているカーテンレールから変更可能かどうかなどを、契約前に不動産会社や大家さんに確認しておくとよいでしょう。

デザイナーズのオススメ賃貸
ピース・エルヴィータA棟 203 ピースコウセイ北佐古 B棟 303 ピース・エルヴィータB棟 303 ピース・ディライトB棟 103 ピース・ブリーゼ 205 ピース・シリウス A棟 201 南沖洲 アパート 1LDK 102 ピース・シリウス A棟 202 ピース・シリウス A棟 106 ピースコウセイ北佐古 A棟 105